北海道

札幌「第三モッキリセンター」 昭和元年創業、街を代表する名酒場

さっぽろテレビ塔にほど近いオフィス街の路地に、「第三モッキリセンター」という不思議な袖看板がついたビルがあります。 「もっきり」とは、酒屋の片隅でお酒の一杯売りを飲ませていたことをいいます。別名ではモギリとも。現在は北九 […]

札幌「サッポロビール園」 唯一無二の聖地、乾杯をもっとおいしく

1876年、日本人初のビール醸造の地・札幌。札幌のビールの歴史は国営の北海道開拓使麦酒醸造所として始まります。払い下げ後は札幌麦酒となり、その後合併により日本麦酒となり、戦後にサッポロビールの名に戻り、今年で141年目を […]

小樽「ニュー三幸」 衰退から一大観光都市へ、常に煌く星がある

小樽で60年以上続く老舗ビヤホール「ニュー三幸」は、狸小路のサッポロビール直営ビヤホール(現ビヤホールライオン狸小路店)と並び、北海道開拓のなかでビールが親しまれてきた歴史を今に伝える貴重なレストランです。 創業は195 […]

旭川「うえ田」 日本最北の角打ちは、酒愛がとても素晴らしい

北海道第二の都市・旭川。ここに日本最北端の角打ちがあります。※Syupo調べ 札幌ほどの賑わいは流石にないのですが、街中には多数の居酒屋が立ち並び、老舗の焼鳥屋が入る横丁や、駅前ビルの地階にもミニ新橋のような世界が広がっ […]

札幌「ビヤホールライオン狸小路店」 北海道最古のビヤホールは大正生まれ

日本人がはじめてビールをつくった地・札幌。 ホップや大麦などのビール原料の生産といった一次産業、ビールづくりに欠かせないエネルギーの鉱業と生産の二次産業、鉄道や道路といった物流の確保といった分野までを含めて、札幌生まれの […]

旭川「銀座ライオン旭川店」 明治43年建築、日本最北端ビヤホール

ビヤホールが好きです。まだ暮れきらぬ時間に、夕日が差し込む店内で飲むビールは生き返ります。日常の中の非日常、「はぁー、このために今日も1日がんばってきた」なんて言葉が自然と出てくるのだから、ノンベエで良かったとつくづく思 […]

札幌・大通「ニュー三幸さっぽろテレビ塔店」 札幌という借景。サッポロというビール

北日本最大の都市・札幌。その中央をほぼ東西に貫く大通公園はテレビ塔から円山公園に一直線に伸びています。 この大通公園の歴史は古い。明治のはじめに開拓判官・島義勇が札幌の都市計画を大通公園の西端にある円山の丘から東方を眺め […]

すすきの「まねき屋本店」 いいなー、大衆酒場。駅直結ちょいと一献

北日本最大の繁華街すすきの。そのシンボル的な存在がすすきの交差点です。歓楽街としての歴史は遊郭として造成された開拓時代にまで遡りますが、現在は飲食店を中心とした幅広い層が楽しめる街になっています。 そんなすすきの交差点に […]

すすきの「串鳥本店」 さく飲みゼロ次は、札幌を代表する焼鳥チェーンの本店で

北海道のご当地焼鳥チェーン「串鳥」はご存知でしょうか。札幌を中心に北海道内に30店舗ほど展開しています。すすきののような中心部だけでなく、千歳駅前や恵庭、岩見沢、旭川には2店舗あるなど、北海道・道央民にとっては馴染み深い […]

札幌「大衆酒場 おたる三幸」 クラシック片手に駅直結立ち飲み

小樽に創業から半世紀以上続く老舗のビヤホールがあります。小樽駅から徒歩7分ほどのサンモール一番街にある味のある「ビヤホールSANKO」です。味わい深い空間と昭和のオシャレを今に伝える建物は、小樽という街が北海道開拓の起点 […]

札幌「典ノ庭」 地元民御用達、期待通りのイイ酒場!道内食材を楽しもう

札幌駅近く、札幌駅前通りから一本入った路地にある飲食店ビルの地階にあるお店「典ノ庭」。駅はもちろん、札幌東急百貨店など商業施設からも徒歩1分程度の繁華街にありながら、地階ということもあって、知る人ぞ知るという感じのお店で […]

新幹線に乗って青函へ飲みに行こう!時速320キロで走る飲み放題

北海道新幹線開業に合わせた大型観光宣伝「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)」が7月1日スタート。JRグループと青森県、県内自治体、北海道南11市町などが連携した企画です。 東京の山手線から大阪環状線ま […]

すすきの「串かつ千里」 地元の味、60年続く串かつ片手に赤い星

狸小路のアーケードはショッピングが中心で飲み屋はさほど多くない。ですが、そこから一歩折れただけで素敵な飲み屋が暖簾を掲げて飲み客を待っています。5丁目の角を曲がってすぐの場所にある千里は、そんな狸小路界隈の名酒場のひとつ […]

すすきの「たかさごや」 札幌に珍しい正統派老舗酒場で星を飲む

札幌の中心部に老舗の大衆酒場はあまりない。東京や大阪、仙台なんかのイメージで探してみると、その数の少なさで驚きます。大阪はターミナル駅前を目をつぶって歩いていても老舗酒場に当たるくらいの数があるのに。 そんな札幌・すすき […]

小樽「みよ福」 大正時代、オタルナイは経済の中心だった。共に育った寿司文化

札幌と小樽はJR函館本線の快速で約30分の距離です。東京と横浜のような、関西ならば京都と大阪のような感覚です。昔は鉄道がこんなに早くはなく、小樽と札幌は別々のエリアとして認識されていたそうですが、いまではちょいと食事と海 […]

1 / 212