【再開・取材準備中】鐘ヶ淵「はりや」 酎ハイ街道の一軒目で歴史を飲む


新店舗になりました。
こちらを御覧ください。

DSC06901

鐘ヶ淵通り、酒場好きの間ではもっぱら酎ハイ街道の名で知られている通りがあります。
東武伊勢崎線、いまでは社運をかけて作られた東京スカイツリーにあわせ、東武スカイツリーラインという名前に変わりましたが、鐘ヶ淵の周辺は昔となんにも変わっていません。

各駅停車や区間準急しか止まらないので、なかなか簡単に行くことができず、ついちょっと前までは、私のような城西側に住む人間は銀座線を乗り切って、さらに浅草駅で乗り換えて行くという、なかなかの”乗り鉄”コースでした。

いまは半蔵門線が直通したことで、世田谷・渋谷から一直線。ほんの少し、楽になりました。

 

そんな鐘ヶ淵駅。なんとかやってきて、さぁ目指しましょう、目的のお店は「はりや」。
酎ハイ街道には10軒以上、焼酎ハイボールを出すお店がありますが、私のスタート地点はやはり隅田川よりのはりやさん。

なかなかシックな店構えでしょ。

DSC06900

L字カウンターとテーブル席2卓の丁度いい大きさ。昭和六年創業で大将の張谷さんは二代目。白髪がとってもダンディー。私、年配の男性が大好きなので、にこって笑ってくれるのが嬉しくて。

さて、飲み物は瓶ビールはキリン、ほかに日本酒、ウーロンハイなどありますが、ここは自家製の酎ハイに限ります。炭酸水を製造できるホシザキの専用ディスペンサーからプシュっという音ででてくる強炭酸、琥珀色の酎ハイ。

メーカー名なしのオリジナルジョッキに氷は3つ。レモンスライスが浮かんでさぁ完成。

乾杯です。これがたまらなく美味しい。お店まで自宅から1時間かかりますが、それでもこの味を楽しむためにがんばれます。

DSC06890

おつまみは日替わりもありますが、定番な酒場料理が20種ほど。がっつりとした料理はすくなく、もつ焼もないため、ここで食事を兼ねて飲むというよりは、食べた後に酎ハイを味わいに来るという人のほうが多いようです。

ねぎとろが私のオススメ。もっちろしていて絶品です。

DSC06896

そして、季節限定の春キャベツの煮浸し。揚げが入って甘辛煮煮こまれた味はちょっと濃い目だから酎ハイが進む、進む。
奥様がつくる家庭料理です。

DSC06895

カウンターの一番おくに座らせてもらい、なんだか常連気分。ここは大将の真向かいになるので、お話もできて楽しい。

瓶ビールが冷やされているゼネラル・エレクトリック社製の冷蔵庫はなんと40年以上のものだそう。先代の頃から故障せず動いているというのだから驚きです。

DSC06891

常連さんと、界隈の酒場情報を交換したり、墨田区の地元のとっておきにお話など、街の社交場たる酒場でのよい時間が流れます。

昔は10杯は飲めたんだけどな―と語る年配の紳士は、それでも7杯目。いやいや、おみそれいたしました。

酎ハイは300円以下、料理も安く2千円あれば普通の方は満足できるほど飲めてしまいます。毎日使える、毎日誰かと会える、酒場っていいですね。

営業時間は日が変わるまでと思ったより長く、お客さんも9時をまわる頃に梯子で流れてきて賑わうなど、なかなかおもしろい流れがあります。

酒場好きの皆さま、酎ハイ街道は侮るべからず。会社帰りに、土曜日は遠足気分で、戦後の成長に汗水たらして働いた諸先輩方が愛した酒場におでかけしてみませんか。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

はりや
03-3612-9888
東京都墨田区墨田2-9-11
17:30~24:00(日定休・祝日は原則営業)
予算1,800円

大きな地図で見る

 

 

【2012年12月訪問記】

こんにちは。

とある日お師匠と墨田区散歩。
北千住でビールとお寿司を買って、河川敷でランチ。
青空の下、日光を浴びながら飲むビールは美味しいよね!

DSC_0095.jpg

商店街の端っこのほう。ぼんやり光る行灯が私たち飲みっコ・呑兵衛を誘います。
鐘ヶ淵のはりやさんはこの界隈でも一番の老舗。

白髪の大将がお出迎え。お通しは自家製のお漬物です。

酎ハイディスペンサーというあまり見かけないサーバーから「プシュンッ」と言う音と共に注がれる強炭酸。
ここの酎ハイも下町の琥珀色をしています。

甘くはなく、ほのかに不思議な香り。謎の酎ハイですがこれはハマります~。
煮こごりや焼き魚を食べてノンビリとこの空間に浸れば、面倒なこともすべて忘れていい気分。

酒場に浸る酒場浴。良いよね。
ごちそうさま。



“【再開・取材準備中】鐘ヶ淵「はりや」 酎ハイ街道の一軒目で歴史を飲む” への1件のコメント

  1. 荘司美幸 より:

    2016年12月に閉店しましたはりやですが、この度2018年1月より同じ場所にて復活いたしました。
    皆様に愛される酒場として、精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«