逆瀬川「落合食堂」 赤星輝く、西の牛串に惚れる


DSC07425_R

関西では串に刺してお肉を焼く、「もつ焼き」や「焼き鳥」は東京都比べるとかなり少なく、それに変わるお店として串かつ屋が定番になっています。

ですので、関西で串焼き(バーベキューのことではなくて)のお店があると、なんだか嬉しくなってしまうのです。

「せっかく西に来たのだから”串かつ”で飲まなきゃ」と、たまに遠征したときは串かつ屋をはしごする私ですが、ときどきは普通の焼き鳥スタイルが食べたくなるもので。

そうなると、さぁどこがいいでしょう。関西の特派員(つまりは飲兵衛友だち)の情報をもとに巡ることになるのですが、その情報は正確に私の好みを当ててきます。今回紹介するお店もまさにそう!

繁華街ではなく、ベッドタウンにそのお店はありました。
「落合食堂」という店名は、いかにも私好み。食堂という響きがいいですね。ただ、一般的な食堂ではなくて、業態としては居酒屋さんです。

西宮北口駅駅から阪急今津線に揺られてやってきました、JRでは宝塚になるのですが、阪急の逆瀬川駅が最寄りです。

 

DSC07415_R

このお店、なんと赤星を取り扱っています。
なんでも、赤星好きの常連さんがいらっしゃるのだとか。

うん、美味しそうですね!乾杯。
よーく冷えた環境におかれていた瓶ビールはやっぱり最高です。

そして、つきつぎと頼むはここの定番料理「牛串」です。

 

DSC07417_R

牛串っていうのが関西らしくていいじゃないですか。
しっかりと旨味が詰まっていて、噛むほどにじゅーっと。その余韻に赤星の整った味がとても心地いいです。

 

DSC07421_R

お店の方の人柄が感じられる黒板メニュー。産地も書いてあったり、ロコモコプレートなど遊び心のあるごはんものがあるなど、これは楽しい。
そして、どれも飲兵衛の心をくすぐるものばかり。わかってますね―(笑)

 

DSC07419_R

まるちょうやタン、コリコリなど、牛モツの串が揃っています。お肉を食べているーっていう充実感があります。味がしっかりしていて大きさもそみそみありますので、しっかり満足感。焼肉屋さんとはまた違い、落ち着いて飲みを優先してつまめるのが牛串の良いところですね!

 

DSC07423_R

キャベツがおつまみにあるのは、やはり串かつの流れを感じますね。

 

DSC07418_R

この艶やかな肉々しさ(笑)
これでビールとあわせるのですから最高でしょ。ここのお肉料理は普段使いできる価格帯で、通いたくなる美味しさ。

ワインの品揃えも多いので、バル感覚でボトル飲みも良さそう。

 

DSC07424_R

れんこん丸かぶり。こんな形ででてくるとはおもわなくて、最初、「え、ウドですか?」とちんぷんかんぷんな質問をしてしまいました。牛串とおなじく炭火で焼いているのでとても香ばしい。辛子じょうゆでがぶりといただきます。

DSC07420_R

落ち着いたテーブル席と、酒場的なカウンターの両方があり、一人飲みも安心。家族できてワインを一本というのもあり。
住宅街にあり、他の飲食店はあまりない場所ですので、梯子酒となると難易度が高いですが、居心地の良いお店なのでここでどっしり飲むというのが良さそうです。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

 

落合食堂
0797-78-8809
兵庫県宝塚市逆瀬川1-13-25
16:00~24:00(水定休)
予算3,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«