三ノ輪「鈴木酒販」 ネオ角打ちで立ち呑みはいかが?


DSC09745_R

私が高頻度で通う角打ちもできる酒屋「鈴木酒販」。
業販に強い酒屋さんで、下町の酒場は結構「うちは鈴木だよ」というお店を知っています。

そんな鈴木酒販は、数年前に自社ビルの1階をリニューアルして、とてもきれいな小売店を開きました。
そのときに、オーナーの考えもあって、立ち呑みスペース「角打ちバル」がつくられることに。バルといっても、火をつかった調理はなく、メインはパックに入った塩辛や缶詰といった、お酒の簡単なつまみで飲む場所です。

小売の売価そのままで飲めて、しかもお酒について知識豊富な店長がしっかり情報を教えてくれるため、日本酒やワインファンにはいまやお馴染みのお店となりました。

 

特長は普段はあまり飲めないような銘柄や、季節に合わせた日本酒が独特なチョイスで「一杯売り」されていることです。江戸時代、「いっぱいもぎってよ」と言って、一合単位で飲ませていたことから「もぎり」なんて言うこともある角打ちですが、ここ鈴木酒販はまさにそのスタイルの現代版になります。

そのほか、売り物はすべて角打ちスペースで飲めますので、日本酒やワイン以外のラインナップも、最新版の画像でいっきに紹介!

DSC09757_R

店長はなんとソムリエの資格をお持ちです。だからこそ、普通の酒屋さん以上にワインが充実。そしてキュレーションされています。

 

DSC09751_R

左下には、私の愛飲ビールが定位置に。スーパードライもあります♪
缶ではキリン、サントリーも揃うので、どのメーカーのファンでも大丈夫。めずらしいところでは、博水社のハイサワー缶も好評取扱中。

DSC09747_R

DSC09748_R

下町のおなじみ、キンミヤ焼酎、ホッピー、ドリンクニッポン、天羽の梅もきっちり収まっています。

DSC09749_R

ジャパニーズウィスキーは、今年大人気!

DSC09753_R

梅酒やヨーグルトのお酒など、女性も喜ぶめずらしいリキュールがずらり。これももちろん売値で角をうてます。

DSC09755_R

純米酒や吟醸の温度変化をおさえて冷やしておきたいものは、しっかり品質管理。

DSC09756_R

前掛けやメーカーのTシャツは、飲兵衛ならば1枚はもっておかないとね!

駆け足で見ていきましたが、なかなかの品揃えでしょう。日比谷線の三ノ輪駅から徒歩1分。都心からのアクセスが良いのも嬉しいです。
私が角打ちスペースでパソコンを広げて飲みながら仕事をしているときがありますので、みかけたら乾杯してください(笑)

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもお酒のお役に立てましたら、 ブログランキングのボタンを押して投票をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見なゆ)

鈴木酒販
03-3802-8752
東京都台東区根岸5-25-2
11:00~21:00(水定休)
予算1,500円
なゆのブログを見てとお伝えください。すぐにとけこめます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«