定番を愛する、サッポロビールへの想い


DSC00309

お酒は何でも好き。

全世界に分布するぶどうや風土を想いながら飲むワイン。米と酵母と水、そこに四季という日本ならではの要素が加わる日本酒。歴史を味わうウィスキー。

お酒は単に酔っ払うためのものではなくて、毎日を豊かにしてくれるもの。そして、その入り口にあるのはビール。
今日も一杯のビールから始まり、お酒を中心に楽しい時間が始まります。

ビールはクラフトビールや海外ビールの人気が話題になっていますが、市場全体ではマイナス成長。そこに酒税改定の動きもあって、ますます大衆ビールのポジションが不安になってきます。

クラフトビールが楽しいのは、日本酒やワインのような知識で味わうものだから。海外のビールは、いまバルやビストロが人気だからで国産よりは海外のブランドを入れる、という流れからではないでしょうか。

ただ、それは日々の大衆的なビールではなくて、特別なビールだと思います。
赤提灯、縄のれん、その先にある「煮込み」、「昆布締め」、「肉豆腐」などの大衆酒場の定番とは、やはり大手ビールでないとしっくりきません。

DSC00307

アサヒ、キリン、サッポロ、サントリーの4社、お馴染みすぎて忘れかけてしまっているけれど、私たちが大人になったときから、いまのようにお酒が大好きになるまでを育ててくれたのはこの大手のはず。

たしかに、クラフトビールや海外ブランドと比べれば、”艶”はないし、色っぽくもない。でも、本当に好きなのは、この大手ビールだったのではないでしょうか。

 

私のお酒との出会いは、サッポロビールから始まります。
東京はとくにサッポロビールを定番に置く大衆酒場が多く、私が人生で初めて飲んだ酒場「いせや総本店」も赤星(サッポロラガー)でした。

南千住「丸千葉」、赤羽「まるます家」、中野「第二力酒蔵」、十条「斎藤酒場」、日比谷「日の基」、小岩「大竹」、神田や銀座の「三州屋」など、名店のサッポロ率は非常に高い。

親友との乾杯に、恋人とのデートの一杯目に、父との親子酒に、日々のありふれた生活をちょっと幸せにしてくれるとき、そこにサッポロビールがありました。

新宿の「ベルク」でソーセージと”エーデルピルス”、神田「藪そば」でそば味噌と”ヱビス”、上野肉の大山でメンチカツに”黒ラベル”、根岸の「鍵屋」でクリカラ焼きと”赤星”。

あのお店なら、何を肴に何を飲みたい、そういう定番って大事じゃないかな。

 

クラフトビールや海外ビールもよいけれど、今一度、定番のブランドに目を向けてみてはいかがでしょう。

「私はスーパードライが好き」、「僕はキリンラガーかな」、「毎日黒ラベルです」「やっぱりプレモルでしょう」
そう言えるのがかっこいい♪

DSC00305

さて、今日も馴染みの酒場でいつものビールで乾杯しましょ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(文・撮影/塩見なゆ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«