鎌倉「天昇」-地魚が嬉しい地元密着の立ち飲み屋


 

せっかく海が近いのに、何も食べずに東京へ帰るのはもったいない

商店街よりも路地裏を、鶴ヶ岡八幡宮と駅の間ではなく、地元の人が集う場所を・・・

んん!? 怪しげな路地を発見。この奥に名店の予感!

DSC02840.jpg

なんとも言えない昭和ムードたっぷりの横丁、飲み屋さんやお惣菜屋さんがあるようです。
どこへ入ろうかしら、地元の人が集うお店がいいなぁー。

ハッケーン

DSC02839.jpg

大衆酒場に慣れていないと、とてもじゃないけど女一人では近寄れないムードです(笑

「お姉さん、飲んでったら」
そう、50代くらいの男性が声をかけてきます。
「おいしいよー」
つづけて30代くらいの漁師風の人。

うん、ココにしましょう。

「こんばんは、一人ですがよろしいですか?」
大将「どうぞー、いらっしゃい!」

威勢のいい声だけど笑顔いっぱいで迎えてくれた大将。女将さんも優しい対応で、接客だけで私の中では満足です

DSC02833.jpg

ビールください、瓶ビールを。

いいねいいね、ますます嬉しくなって来ました。心のなかで、はい、乾杯

はぁー、生き返るーって感じで黒板メニューをみていると、お魚料理が豊富。やきとりやポテサラなどの大衆酒場メニューも揃っています。どれも安くて良い感じ。

DSC02834.jpg

イナダ刺身をお願いしました。
うん、これはいい

こりっとした歯ごたえ、まったく臭味もなく、口の中に若いブリ特有の爽やかな甘味が広がります。
舌の奥を心地よく刺激する脂の旨みが、次に口にするビールをさらに引き立ててくれます。

「お一人でお飲みなんて珍しいですね」
そう声をかけてきたのは、おとなりで立ち飲んでいた20代の女性。
どうやら、父娘で飲みに来ているみたいです。

「ええ、こういう雰囲気が大好きで。酒場は街の縮図。酒場で飲めば街がわかりますから」
そんな、酒飲みの言い訳を話しながら、立ち飲みは続きます。

「ここの焼き鳥は美味しい、ぜひ食べてみてください」、父親のほうが勧めてきます。
店員さんも、うちのは炭火だから美味しいよと声をかけてきます。

じゃあ、ひな、ぼんぼち、かわをお願いします。味はおまかせで

DSC02836.jpg

赤星が進みます。
地元の人との交流、美味しい焼き鳥、楽しい酒場空間。

 

ごちそうさま

 

天昇
0467-22-6099
神奈川県鎌倉市小町1-3-4
16:30~22:00(日月定休)
予算1,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«