ハイサワーとキリングループ共同販促・町おこしドリンク販売で


unnamed (1)unnamed

 

ハイサワーを販売する博水社は、キリングループのメルシャン、永昌源と3社共同で、NHK連続テレビ小説「花子とアン」の舞台の大田区で、ドラマにちなんだネーミングの町おこしドリンク「アンちゃんサワー」「花ちゃんサワー」を企画販売すると、発表されました。

お酒の割り材「ハイサワー」を販売する
博水社は、キリングループのメルシャン株式会社、株式会社永昌源と3社共同で、NHK連続テレビ小説「花子とアン」の舞台の大田区の飲食店を盛り上げるために、
ドラマにちなんだネーミングの町おこしドリンク「アンちゃんサワー」「花ちゃんサワー」を企画販売をおこなうとのこと。

3社共同のレシピ提案や販促活動はこれが初めてになり、甲類焼酎の割り材のハイサワーから、様々な種類の。お酒を合うイメージが広がっていきそうです。

販売開始日は、ドラマのヒロイン「村岡花子」の「はな(8・7)」に合わせ
2014年8月7日(木)から始まっていて、大田区の大森、蒲田などのエリアの居酒屋20店で提供しているそう。

3社の営業担当が協力し、店内向けのチラシ、卓上POPなどオリジナル販促グッズも用意しながら、ドラマ終了の9月末までに50店での取り扱いを目指すとのこと。

今回の新サワーの企画に博水社の広報は
「ハイサワー」の取り扱い飲食店が多い大田区の数店から、
「連ドラの舞台大田区に若者を呼び込み、盛り上げたい」
「年配男性サラリーマンの印象の強いエリアなので、
女性も飲みたくなるおしゃれでアルコール度数が低めのサワーを」
との要望を受けたのをきっかけに企画したとのこと。

と話しています。酒場側からの提案なんですね。

 

unnamed (3)unnamed (2)

☆ ☆ ☆

キリンさんの営業力でぐんぐんと広がっていきそうですね。池上の居酒屋は昔近くに住んでいたこともあり気にはなっているのですが、まだこのサイトに紹介できるほど熟知できていなくて。これをきっかけに池上巡りをしてみようかな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«