津田沼「サッポロビール 千葉ビール園」 出来立てのライオンビール


こんにちは[晴れ]

毎日暑いですが、私は元気です。
夏バテもビールを飲んで吹き飛ばしちゃいます。

実はまだまだ長い夏休みの途中でして、今月いっぱいは週に1回出社する程度の程度なんです。
バカンスは海に行こう、近場の海といったら湘南ですが、、、飲むのを優先したらこっちになりました。

DSC06032.jpg

サッポロビール千葉工場の敷地内にある千葉ビール園です[るんるん]

大きな窓の向こうは東京湾。ここも立派なシーサイドです[ぴかぴか(新しい)]

一人4500円で飲み放題・食べ放題。お腹もペコペコですし、ビールの美味しさは間違いのない場所ですから、大いに盛り上がりましょう^^

DSC06021.jpg

お師匠と二人で、はい、カンパーイ☆彡[ビール][ぴかぴか(新しい)][ビール]

サッポロ生ビール、ライオン独自の注ぎ方で供されます。一般の飲食店向けの10L樽などではなくて、専用の巨大タンクで運び込まれた特別なもの。

中身は同じでも、やり方次第でこんなに変わるの?と言わせるのがコチラです。

ふーーーん おいしーーー☆彡

DSC06019.jpg

千葉ビール園という名前ですが、経営はサッポログループの飲食店担当「銀座ライオン」さんです。

ライオンのジンギスカンは美味しいんです。間違いがありません♪

DSC06018.jpg

ふふふ、お野菜たくさん入れて、その上にお肉を乗っけて蒸し焼きます。ちゃんと正しい作り方でしょ☆彡

あ、でももやしが焦げちゃうのはどうしたらよいのかしら。[あせあせ(飛び散る汗)]

臭みのない美味しいお肉。野菜だけでもおかわりできるので、たーっぷり野菜をもらって味付け程度にお肉を乗っけて食べました。お肉もお代り自由なのに、最初の分だけでも十分満足です。[ひらめき]

DSC06026.jpg

焼くのもいいけど、本命はやっぱりコチラ。サッポロ生ビールですが、あえて「ライオンビール」と呼びたいくらい。

ジョッキも一般的な「サッポロ435型」なのですが、口当たりが違います。

実は、ライオンのジョッキは氷水に漬けて冷やしています。一般的な方法は冷蔵庫にいれるのですが、ライオンは水冷なんです。あとは、湿度や気温によってガス圧を調整していますし、ディスペンサーも特別なものになっています。これだけやって美味しくないはずがない、そんな生ビールが飲めるのがライオンなんです。[かわいい]

DSC06028.jpg

うふふ、この写真、お気に入りです(笑

なんで星マークを見るだけで喉がゴクリとしてしまうんでしょう^^;

DSC06033.jpg

窓の向こうはビール工場の発酵タンクがたくさん見えます。
このタンクの中には麦汁に酵母を入れたものが入っています。タンクひとつで大瓶932,000本分のビールが入っているそう。このタンク達はヱビスかしら、それとも赤星?

美味しいビールに美味しいジンギスカン、そして東京湾の夕暮れを涼しく楽しんで…

DSC06034.jpg

とってもいい休日になりました。
津田沼、稲毛海岸駅から無料送迎バスがでていますし、ぜひ飲みに行ってください☆彡
ほんとうに美味しいんですから[るんるん]

ごちそうさま[わーい(嬉しい顔)]


ブログランキングに参加しています。
おかげ様で「東京飲み歩き」では上位をキープしています。
これからも美味しそうでしたら、クリックして応援をお願いします。
ランキングが励みになります
[ぴかぴか(新しい)]

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ←1日1回クリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ←こちらもよければクリックしてね。

サッポロビール 千葉ビール園ジンギスカン / 南船橋駅新習志野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«