四ツ谷三丁目「丹波亭」 お好み焼きにはビールだね


DSC06612

たこ焼きや焼きそば、ソース系の粉物ってなぜか無性に食べたくなりませんか?

理由はわからないのだけど、何かのきっかけで突然食べたくなって、そうなると毎日なにか食べていても頭のなかはソースの味と香りでいっぱいに。これでは大好きな食事の時間もストレスになりかねません。(大げさな・笑)

そんなときは、我慢せずに食べちゃいましょう。

ダイエットがなんだ、相手の希望がなんだ!いま、目の前にあるお店に入りたいんです!

 

ということで、今回は珍しくお好み焼きのお店。丹波亭という京風のお店ですが、お店は新宿区に2店。ここはそのうちのひとつ。
キレイな外観で、よくあるお好み焼き屋らしい雑多でジャンクな感じはなく、デートや接待なんかでも使えそうな空間です。

DSC06604

四ツ谷駅、三丁目駅、どちらからもやや距離がありますが、この界隈はぽつぽつと飲み屋さんが多いので店探しがてらお散歩も楽しいです。
近くに人気の牛たん屋さんがありますが、今夜は粉モンで♪

まずはビールでしょ!いや、ずっとビールでもいいでしょう。
プレミアムモルツで乾杯です。

お通しの枝豆に、大好物のポテトサラダを。ここのポテサラは柔らかめですね。こういう小鉢があれば、焼けるまでの間を気持ちよくしのげます。

DSC06610

お好み焼き屋ですので、テーブルに鉄板が埋め込まれていますが、厨房である程度調理してからもってきてもらえるので、手間がかかりません。自分で作りたいときもあるけれど、プロにお任せしてゆっくり飲みたい日もあるさ。

ホルモン焼きは、あぶらたっぷりのシロが自らの脂でカリカリになって出てきました。塩味やや強めですが、心地よくビールが進みます。

DSC06608

お好み焼きはいくつも種類がありますが、豚玉やタコ玉など定番から、ミックス玉の「二条河原町」・「二条木屋町」なんて京都の交差点の名前がついたもも。

海鮮玉に豚を追加したものは、四条河原町だそうなので、それをお願いしました。そばを追加することもできるそうなので、焼きそば入りでもらいましょう。ソースとマヨネーズの焦げる香り、たまりません。

DSC06606

どういうところが四条河原町なのか凡庸な私には理解ができませんが、とにかく美味しそうなのは間違いなし。

隅っこの焦げた麺や、大きめのエビ、美しいビジュアルしていますねー。
はふはふしながら食べれば、うん、待っていましたこの味。そして、生ビールをぐいっと。

 

DSC06609

一玉1,000円くらいですが、二人で分けてちょうどいいくらい、結構ボリュームがあります。
これにあわせて、すいすいとビールが消えていきます。

ソースにはハイボール、次はそういう組み合わせもいいなと思いつつも、ここはホッピーで。
ホッピーのすっきりさわやかな味はがソースでこってりした味覚を洗い流してくれるような感じですっきり。

冒頭にも書きましたが、外観・店内ともにとても清潔でゆとりのある空間になっていますので、四ツ谷近くで少ししっかりとした飲み会を開くときには便利かと。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

丹波亭
03-6380-1354
東京都新宿区三栄町6 小椋ビル 1F
17:00~23:00(日定休)
予算3,000円


大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«