日の出町「桐のや水産」 元魚屋、魚介料理を均一価格で楽しもう


DSC06069

野毛は立ち飲み屋さんの数もおそらく神奈川イチ。
にんにくたっぷりの揚げ物屋から、休日お昼から飲める地元密着立ち飲みまでそのバリエーションは東京の上野を越えるほど。

今回紹介するお店はもともとはお魚屋さんだったというお店。魚屋さんの直営で、隣に「桐のや」という飲食店をされているのは知っていましたが、いつの間にか魚屋さん部分も飲み屋さんに生まれ変わっていました。

それでは、早速入ってみましょう。

DSC06040

いらっしゃいと迎えてくれたのは元気なお姉さん。普段はこの方がお一人できりもりされているのだそう。
料理はとなりの魚介料理の「桐のや」のご主人が作ってもってくるそうなので、お魚の質はお墨付きということですね。

ぶりの割り醤油づけというなんとも魅力的なフレーズをみつけ、まずはそれと白鶴ぬる燗を。

乾杯です。

DSC06044

立ち飲み屋さんでこのラインナップ、ちょっと驚きませんか?
いくら野毛とはいっても、ヒラメやウマズラの文字が踊るのは初めてのこと。

なるほど、魚屋さんだったというポテンシャルはこういうところに生きているのですね。聞けば、毎朝銚子漁港から送ってもらっているそうです。

ぶりの漬けはまぐろのそれと違って、味が優しくほっこりする味。

DSC06042

こうして立ち飲んでいると隣から次々と料理がやってきます。

はい、かき揚げ登場ー、揚げたてだよ。そう言いながらお姉さんはホワイトボードを書き換え。定番メニューというのがなくて、そのときどきの旬のものや美味しいものがやってくる仕組み。となりの魚介料理屋は予算4,000円くらいですが、ここは同じ料理でも300円均一。

お酒は生ビール以外は300円均一。ちょっと高級な鶴齢などの吟醸酒などもあり、こちらは1合入っていないのですが割安ですね。

DSC06047

緑茶は自家製だよーとおっしゃるので、お茶割りを。これも300円。
しっかりと渋くて甘いお茶で割るとおいしいです。

甲類は酎ハイ用の一般的なものと、ちょっと高級な宮崎本店のキンミヤ焼酎と2種類から選べます。奥の常連さんはキンミヤのボトルで飲んでいるよう。

DSC06045

ウマズラの煮付け。甘さは控えめで江戸風の飴色というよりは透き通った関西風。
このボリュームで300円は嬉しいですね。

立ち飲みでも量より質が求められてきていますが、ここならばバランスがちょうどいいかな。おつまみ2品、お酒を2杯飲んで1200円。ちょうどいいゼロ軒目ではないでしょうか。

DSC06041

休日はお昼からやっているから来てね!とお姉さん。

日曜日の野毛って平日とは打って変わってシャッター街になるんです。それでも日曜日に野毛に迷いこむことは当然あるわけで。そういうときにこんなお店が開いていると嬉しいです。

古参の多い野毛にあっては非常にめずらしい若いお店。でも、お客さんはしっかりと常連がついてきているようでいい雰囲気になっていました。
もちろん、一見さんもご安心を。和気あいあい、楽しくお魚で立ち飲みできるはず♪

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

桐のや水産
045-325-7737
(このお店は電話がありません。番号はとなりの桐のやのものです)
神奈川県横浜市中区宮川町2-23
16:00~23:00(土日は13:00~・不定休)
予算1,200円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«