荻窪「かみや」 この街の定番飲み屋といえばここで決まり


DSC05794

杉並生まれの私は、荻窪・西荻窪には馴染みの酒場がいっぱいあります。たとえば荻窪のかみやさん。
メディアでの露出は極めて少なく、口コミサイトでも沈んでいますが、実は私の中ではかなりお気に入りの酒場です。

昭和30年創業、先々代が初めて現在は2代目・3代目が暖簾を守っています。
毎朝、築地市場に買いに行っているというお魚は鮮度と質が非常によく、大衆酒場として十分すぎるものを低価格で食べさせてくれます。

荻窪駅から徒歩1分。駅から近く、傘をささずに行ける好立地にあります。
この街には銘店がたくさんありますが、とにもかくにも私にとってのベースはここ「かみや」です。

DSC05797

暖簾をくぐると、店内はおじさんでいっぱい。
みんな楽しそうに飲んでいてエネルギーを感じます。こういう暖かい酒場っていいですよね。

お店は奥に長く入ってすぐがテーブル30席、奥が厨房に向くように配されたカウンター6席となっています。

ビールはキリン。ラガー・クラシックラガー・一番搾りとキリンの定番ラインが3銘柄も揃います。
いつもは大瓶で始めるのですが、この日は寒くてお燗酒。お酒の種類が豊富で愛知の國盛、宮城の浦霞、石川の吉田蔵など古参銘柄が続きます。中央線沿線ということで青梅・奥多摩の銘酒「澤乃井」も。今夜は澤乃井のお燗酒で始めましょう。乾杯。

DSC05798

お通し(200円)は毎日変わりこの日はカツオ煮でした。日本酒との相性が抜群で、これだけで1合飲むのに十分です。
そして、私が必ず頼むここのお気に入り”なゆコレ”はぬた盛り合わせ(460円)で、ホタテ・タコ・マグロ・赤貝がこれでもかと入って、甘めのぬたが絡んでいます。これが美味しい。そして、お得感抜群です。原価率を心配してしまいます。

DSC05800

冬場限定でお鍋が1000円代で揃います。例えばあんこう鍋1,100円。
なかなかのボリュームを食べさせてくれるのですが、オールシーズンで人気な暖かいおつまみは肉豆腐(500円)です。煮込み屋のお豆腐が美味しいとはよくいいますが、ここは海鮮系の居酒屋でありながら、この肉豆腐の特にお豆腐が飛び切りお酒に合います。甘めのタレは、北千住のお店や鶯谷根岸の老舗にだって負けない旨味が詰まっています。お肉は豚ですが、すっきりしていてご年配の方も愛している一品です。

DSC05802

お酒は暖かいお茶割りに変えてどっしり構えて酒場タイム。お客さんの年齢層が高く、店員さんたちも穏やかで酒場の一部となっているので、心地よさは荻窪でもなかなかのもの。

「かみや」の店名の通り、浅草の神谷バーとの関係もあり、飲み物のラインナップには「電気ブラン」の文字も。
長い付き合いで市場の卸から仕入れる魚は質がよく刺盛りも絶品。

店構えはクラシカルで入りにくさも漂うかもしれませんが、入ってしまえば幸せいっぱいになれる酒場です。
ずっとこのままであり続けてほしいものです。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

かみや
03-3393-2963
東京都杉並区荻窪5-26-8
17:00~23:00(日定休)
予算2,000円

大きな地図で見る



“荻窪「かみや」 この街の定番飲み屋といえばここで決まり” への2件のフィードバック

  1. 1001 より:

    むかしは
    「神谷バー」とか「神谷酒場」という看板だったように
    思うよ。
    「かみや」になったのは、
    きっと浅草からクレームがあったんだろ。

  2. hiro より:

    かみや!
    なゆさんの言われるように、魚介系もいいですが、
    ザ、居酒屋のメニューもなかなかです。
    お昼過ぎにチャリチャリ~って店主が買い物に出掛けているのを見かけたことがありますよ。
    我が町の居酒屋感がいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«