鈴木酒販×江井ヶ嶋酒造「スズトウ 白玉焼酎」 クリアが嬉しい、粋な甲類


DSC05211

以前、江井ヶ嶋酒造の白玉焼酎について触れたことがあります。

兵庫県明石市の総合酒造メーカー「江井ヶ嶋酒造」のつくる甲類焼酎「白玉焼酎」は、クリアですっきり、クセがなく爽やかな甲類焼酎です。各社の甲類を飲み比べていますが、ここの白玉焼酎は他ブランドと比較してもかなりライトです。

甲類って、匂いやクセが強いものも美味しく感じますが、純粋なことも魅力の1つ。割り材を邪魔しない、本人はひたすらアルコールとして徹しているものもまた良いのです。割モノとの組み合わせ次第で、無限の美味しさを作り出します。

白玉焼酎は甲類の中でもひときわすっきりしているため、割モノの風味を邪魔しません。

例えば、豆乳割り。豆乳の香りが好きな私はよく甲類を入れて飲んでいますが、ものによってはアルコール臭がきつくなってしまうんです。白玉はそのあたりはばっちり、裏方たる立場で豆乳を引き立てます。

DSC05212

そんな白玉焼酎、実は東京の業務用酒販店鈴木酒販にてなんとプライベートブランド商品として販売されています。

ラベルのデザインも江井ヶ嶋酒造のとは異なり、葛飾北斎「神奈川沖浪裏」をイメージさせるものになっています。東京下町に特に強い鈴木酒販らしいデザインではないでしょうか。なんとなく、銭湯の富士山に通じるものを感じます。

味は同じかな。クリアでとても飲みやすく、すいすいと飲めます。

 

業務用で流通しているものなので、簡単に飲めるものではありませんが、ぜひお店で見つけたら飲んでみてください。ちょっとした幻の焼酎です。
置いているお店の情報、募集しています。

【ご注意】三ノ輪の鈴木酒販小売部様では現時点でお取り扱いはございません。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(文・撮影/なゆ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«