キリン「氷結グレープフルーツ」 ロングセラーの缶チュウハイ


こんにちは[晴れ]

私、学生時代は駅でアルバイトをしていました。
駅売店では発注から接客まで経験して、結構楽しかったのを覚えています。

当時はマイルドセブンが270円でしたが、今はいくらになったのかしら。タバコはまったく無縁の世界にいきています。

当時のお酒はというと、やっぱり一番売れたのがアサヒスーパードライ。社員の方がサッポロ好きだったこともあり、棚割りはサッポロ黒ラベルもしっかり置いていたのを覚えています。

アサヒの出した発泡酒「クリアアサヒ」が大ヒットして、スタンダードな赤だけでなく、グリーンやブルーなどもありましたね~。

それと同時に、キリンが満を持して発売した「氷結」シリーズも当時店員だった私には衝撃的でした。いやぁ、売れる売れる、売れると愛着も沸くもので、独特な缶の形状もあり、売りたい商品だったものです。

あの時代、チューハイといえば宝缶チュウハイとハイリキシリーズがほとんどでしたからねー。いまのサントリー―196℃などは、影も形もありませんでした。

DSC03754 (1).jpg

いまも続くロングセラーの氷結。[ぴかぴか(新しい)]
度数の低いシリーズを出すなど、いまも積極的な展開をしているキリンの主力商品。

チュウハイですが、焼酎ベースではなくウォッカベースなのは結構有名。

甘いチューハイはそんなに飲まないのですが、飲み歩いた帰りに甘いモノが欲しくなるときってあるじゃないですか。そんなとき、私は氷結を頂きます。[るんるん]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«