築地「磯野家」 魚河岸の場内ランチ


こんにちは[晴れ]

築地は世界中からあらゆる魚が集まる世界一の「魚市場」です。

ところで、江戸時代の魚河岸は日本橋小田原町にありました。
関東大震災まで、江戸・東京の魚はずっと日本橋で取引されてきましたが、震災の後の東京復興計画などもあり、昭和10年に現在の築地に移転しました。[ひらめき]

築地=東京の魚というイメージが強いですが、案外歴史はそんなに深くはないんです。
昭和10年というと鮮魚はもちろん、物流のかなりのシェアを国鉄貨物輸送に依存していたため、築地市場にも国鉄の引き込み線が外周を弧を描くように通されていました。毎朝、下関などの各地から冷凍貨車でたくさんの魚が運び込まれてきたんでしょうね![るんるん]

鉄道輸送時代のなごりから、築地市場は現在も扇形になっています。いまなら四角形にしたほうがよっぽど効率が良いと思うのですが。[ー(長音記号2)]

築地市場は東京都の直営で、大家さんは東京都。そこを借りるかたちで、卸業者さんなど大小様々な市場関連企業が日々のお魚を取り扱っています。場内と呼ばれるエリアが東京都の施設。お土産物屋さんが並ぶ場外とは雰囲気が異なります。一般人の立ち入りは認められてはいますが、男の職場といった感じで荒々しいので、観光でふらっと立ち寄るのは微妙なところ。地方のお魚市場の感覚で行くと間違い無く怒鳴られます(汗[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC02066.jpg

そんな場内で働く職人さんたちのお腹を満たすお店が場内に何軒かあり、こちらもその一軒です。
(緑色の暖簾がさがっている方)

一階のお寿司屋さんと同じ経営の食堂です。[ひらめき]

この日は土曜日、お師匠と二人でランチタイム~。
「美味しいお魚が食べたい」と思ったら、やっぱり築地でしょ☆彡

DSC03615.jpg

階段の途中にはサッポロの通い箱。
そうです、こちらはサッポロビールを置いているので♪

「こんにちは、二人ですー♪」
「お好きなお席にどうぞ~」

市場が見下ろせる窓側の席に座ってと。

DSC03613.jpg

まずは大瓶をお願いします[手(パー)]

とくとくっと注ぎあって、はい乾杯[ビール][ぴかぴか(新しい)][ビール]

お休みの日のランチに飲むビール、最高です☆彡
歴史あるこちらのお店はやっぱりビールも日本最古のブランド「赤星」をおいています。

DSC03612.jpg

そういえば、最近は黒ラベルよりも赤星を飲んでいる本数のほうが多いような…[ひらめき]
どっちが希少価値のあるビールかわからなくなってきました(笑

歴史があってよいお店にはサッポロが似合います☆彡

DSC03614.jpg

お造りなどをいくつかもらって、まったり築地市場を眺めます。
海老、かつお、トロに赤身。

わさびはお醤油に溶かさずに、お刺身の上にちょこっと載せて、お醤油も風味づけ程度にちょっとだけつけて、パクリ。

[ひらめき]

[揺れるハート]

ビールビール~[ビール]

築地の場内、毎朝魚のプロたちが食べにくる食堂のお刺身です。
いいネタを仕入れていますねー。

この一口のために敷地に来たんです。お魚Love。いい魚にいつものビール、幸せです^^

さて、ランチですがハシゴ酒といきましようか☆彡
ごちそうさま[わーい(嬉しい顔)]


☆前回の訪問記
http://syupo.com/archives/500

ブログランキングに参加しています。
おかげ様で「東京飲み歩き」では上位をキープしています。
これからも美味しそうでしたら、クリックして応援をお願いします。
ランキングが励みになります
[ぴかぴか(新しい)]

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ←1日1回クリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ←こちらもよければクリックしてね。

磯野家定食・食堂 / 築地市場駅汐留駅東銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«