なゆ✕お茶の荒畑園 コラボで実現する「茶わり」プロジェクト進行中!


DSC04903

昨年、静岡のお茶割りを開発しちゃおうプロジェクトを発表しました。覚えていらっしやいますか?
たくさんのご反響をいただきましたことで、なんと商品化会議を通過!

現在、進行中です。

 

【静岡割り・お茶割りとは】

静岡割りというブランドもあるほど、静岡ではお茶割りが定番の飲み物です。
ビールよりも消費量が多いのでは?と思えるほど人気。最近は東京でも飲めるお店が増えてきましたが、まだまだマイナーな存在。

東京で、静岡を越えるほどの美味しいお茶割りが飲みたーい!
というわがままに答えてくださった、静岡牧之原の荒畑園さん。
静岡のお茶割りも手がける牧之原を代表する茶業さんの一社です。

[画像]
静岡駅前で明るい時間から飲める地元でポピュラーな大衆酒場「海ぼうず」さん。”訪問記“ (撮影:なゆ / お茶のメーカー:荒畑園)
※一部店舗にてお取扱中

DSC09362.jpg

【コンセプト】

そんなお茶割りを、東京の甲類焼酎文化に持ってきて、甲類焼酎と合わせて最高のパフォーマンスを出す粉末茶をつくるのが目的。

静岡では乙類で割ったり、おつまみが静岡独特のものだったり。東京には東京の酒場料理・味付けがありますから、その味に合わせる必要があります。
東京の大衆酒場を飲みまわっている私が、「本当に飲みたいもの」を目指して作ります。

DSC04908

現在、異なる配合のお茶を組み合わせて私の理想のお茶割りを追求しています。
発売は4月頃になるかな。ベースにはキンミヤ焼酎を使うのがベスト。2L分の割り用茶が作れるスティックを5本つけて500円程度の価格で検討中。

【開発中の仕様】

名称:茶わり
容量:2L用スティック5本
使い方:1.5~2Lの水に溶かし抹茶を作る。これを使って甲類焼酎を割ります。温冷両対応
推奨焼酎:甲類
価格:500円(税別)
一杯あたりのコスト:15円~20円

皆さま、ぜひご意見をお聞かせください。

 

お酒はメーカーが開発してきたのがこれまでの当たり前。
これからは、消費者側がつくり上げるという流れもいいんじゃない?(^_-)-☆
乞うご期待!

(画像は開発中のパッケージです。実際の「茶割り」とは異なります。)

発売したらおひとついかがでしょう。買ってくださいますか?

買うよーという方、ツイッター「RT」やフェイスブック「いいね」で教えてください♪
SNSをされていない方は、いつものようにランキングで応援をお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)



“なゆ✕お茶の荒畑園 コラボで実現する「茶わり」プロジェクト進行中!” への1件のコメント

  1. 1001 より:

    どちらも、パックのデザインが野暮ですねえ、感心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«