関屋「モアナ」 ハワイアンな下町もつ焼を堪能しましょう


DSC04929

こんにちは。

京成関屋という駅で降りたことはありますか?
日暮里から各駅停車で10分ほど。もつ焼・酒場の名店が多い京成電鉄沿線においてはやや印象は薄め。
道路一本挟んだ向かい側は東武伊勢崎線の牛田駅なのですが、なぜこの距離で駅名が違うのかはいつも不思議に思います。

浅草・押上・北千住からもらくらくアクセスのこの街に、一度は途中下車して飲みに行って欲しい酒場があります。

分野はハワイアンです。

でも、もつ焼屋さんです。え?

まぁ覗いてみましょう。駅から徒歩30秒。雨が降っていても傘いらずです。

DSC04917

内装もBGMも、実に南国ムードで溢れています。
お店のお姉さんもどことなく海と共に暮らされていそうなカッコよさがあります。

でも、ここはやっぱり墨田区です。チチとかハワイアンなカクテルはもちろんあるのですが、やっぱり焼酎ハイボールを頼んでおかなくちゃいけないでしょう♪

乾杯!

アズマ炭酸でしゅわっと仕上げたこちらのボール。味のベースは天羽飲料さんかしら?

DSC04920

名物は和牛すじ煮込みです。カレーや煮凝りなんかも人気料理です。
不思議でしょ、とっても居酒屋っぽいメニュー。

探せばSPAMやロコモコなどなんとなくそれっぽいのはありますが、あとは「やっこ」「味噌きゅうり」「ガツさし」など。

このすじ煮込みがとーってもプリプリでボリュームもしっかりあり食べごたえ十分。そして甘めの味付けがとっても合っています。煮込み系が好きな人ならば、これにはまらない人はいないでしょう。ボールとの相性は言うまでもなく抜群。

DSC04921

ここの雰囲気は店主もお姉さんも、お二人ともカッコイイの。ここは湘南の浜沿いのお店かと思える時間が流れています。

この空間で、なぜか下町仕様和の伝統メニューをつまみ・飲んでいるのですからなんだか不思議な気分。
お客さんは常連さんが多く、毎夜盛り上がっています。この街だからか、それともハワイアンの開放感か、お客さん同士の交流もとてもフレンドリー。女性一人でいっても絶対に楽しめます。

DSC04922

さきっからビールのようですが、これはボールですよー。
ジョッキも冷えていますので、氷なしで頼んだほうが私の好み。価格は450円とちょっと街の平均価格と比較し割高感がありますが、雰囲気がいいのでリピートするのはあたりまえ。

DSC04923

もつ焼は店主さんが備長炭で丁寧に焼いてくださるのですが、供されるときにはこのようにお皿に盛られてきます。
なんとなく不思議ですが、このカシラがかなり美味。味は味噌・塩・タレから選びましょう。

串で出てこない分、丸っこくなく大きめでダイナミックな形になっているため大変ワイルド。お肉食べている!と肉好きの心を刺激することだと思います。

DSC04925

こちらは軟骨。ごろんごろんとすごい量。コリコリと摘みながら3杯目のボールを飲んでいると、次々とお客さんが入ってきます。
いいなー、家の近くにこういうお店があれば毎晩でも通うのに。

ご主人のお肉料理への愛情が伝わってくるような料理の数々。ブログ掲載自主規制の一皿も大盛りで実に嬉しかったです。

DSC04927

隣の立ち飲みたこ焼き屋さんと繋がっていて、ここでたこ焼き350円を頼めますし、お隣からの注文をこちらで準備することもあるなど、一体経営になっているよう。向こうのドアをでればお隣へ繋がります。

 

ぼちぼち梯子しようとしていたら、ご主人がもう一杯飲んでいってと言わんばかりに牛すじ煮込みを小皿に少しだしてくださいました。
いやぁー、こういう人情たっぷりの酒場、大好きです。

お通しなし、お酒濃い目、お肉料理たいへん美味し。一度はおいでよ、京成関屋♪
ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

モアナ
090-2468-0648
東京都足立区千住曙町2-6
17:00~23:00(日祝定休)
予算2,500円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«