新宿御苑前「味わい酒場」 和気あいあい、家族感覚で盛り上がる


味わい酒場  新宿御苑前

こんにちは。

新宿の飲み屋さんは西新宿から荒木町まで途切れることなく続いています。

今回紹介するお店は新宿一丁目。
新宿駅を中心とする繁華街の最東端に位置します。最寄り駅は丸ノ内線の新宿御苑前。現在の新宿ではJR新宿駅か離れていることもあり、中心地とは言えませんが、江戸時代はこのあたりが内藤新宿の中心でした。当時の面影はもうほとんど残っていませんが、ゆるやかにカーブしている青梅街道などから明治以前の街道の雰囲気を感じ取れます。

新宿駅周辺と違い静かでおとなしいムードのお店が多いのが特長です。

 

味わい酒場は大将がとても爽やかでフレンドリーなお店。界隈で働く人たちが帰宅前や飲み歩きのゼロ軒目でふらりと立ち寄るようなお店です。

DSC04835

いらっしゃい!お好きなお席へどうぞ。
もは立ち飲み屋さんだったのでしょうか。カウンターやテーブルはやや高め。ハイチェアーは落ち着かないことが多いのですが、ここはのんびりいいムードです。

サントリー角ハイボールで乾杯です。ここの角ハイはガスが強くて美味しいです。
このときのお通しはおでん。暖まります。

DSC04836

品書きを見ると種類はあまり多くありません。

グランドメニューはよくある居酒屋さんの小鉢メニューで価格は300円前後。
毎日変わるオススメメニューにはお刺身やカキフライなど海産物が多め。このほか、寒い季節は一人鍋が600~1000円で並んでいます。

お刺身3点盛りで480円なのはお得ですね。

DSC04840

鯵、ねぎま、しめ鯖を。

まず鯵に感動。かなり新鮮でとってもプリプリしています。肉厚の切り身はねっとりとした旨味。
ねぎまはマグロのブツが混ざっていて、こちらもなかなかです。

しめ鯖は結構浅く〆られています。もちもちしていてお魚好きを唸らせるものだと思います。

これはかなり嬉しい盛り合わせ。最後に骨はフライにしますからおっしゃってくださいねと大将。新宿でこういう雰囲気のお店はありそうですくないので貴重です。

DSC04841

サクサクに揚がった鯵のホネ煎餅。ビールやハイボールとよく合います。
つまにはポン酢と鰹節をかけて味を変えて再登場。ちゃんとした仕事を感じますね!

大将は常連さんと明るく会話しながらも手を動かし続け次々と料理をだしていきます。フロアの女性もとても雰囲気がよくて心地よくお酒が楽しめます。

お客さんは地元の人率が高く、皆さんわいわいと飲んでいます。こういう飲み屋さん、職場の近くに持っておくと便利です。

DSC04843

接客がとにかく良くて、料理のレベルも高め。
新宿2丁目の不思議空間を抜けた先にこういうお店があるんです。
明るくて和気あいあい楽しく飲めるお店なので、一人で行ってもグループでいっても楽しめると思います。

新宿近くで飲んでいるのでしたら、ここも選択肢に入れておいて間違いないでしょう。夜2時までやっているので飲食店で働く人が仕事あがりに立ち寄ることもありそう。

瓶ビールにはサッポロラガーがありますから、要チェック☆彡

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

味わい酒場
03-3353-7895
東京都新宿区新宿1-16-16
17:00~26:00(無休)
予算2,000円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«