根津「かめや」 東京都指定民生食堂でのんびり飲むのも楽しい


DSC03637

こんにちは。

東京都指定民生食堂をご存じですか?
第二次大戦中、食糧難にともない外食には外食券が必要でした。外食券が使えるお店は戦後、民生食堂として戦後の復興を「食」の面から支えました。

そんな民生食堂の雰囲気がいまもしっかり残る食堂が根津にあります。
「かめや」はいかにも大衆向けの定食屋さん。

駅からほど近い路地にある家族経営の小さな食堂です。こういう食堂で飲むことを「食堂飲み」なんて言って喜んでいる私たち。私の飲み歩きのお師匠は、こういう食堂が大好きで、見かけたらかならず入っている人なんです。今日はそんなお師匠の案内でやってきました。

根津の居酒屋といえば「車屋」が有名ですから、その隣のお店です。

DSC03630

いらっしゃーい。迎えてくれる女将さん。ここはご夫婦で切り盛りされているお店です。

えーっと、瓶ビールをお願いします。あと、おつまみにマグロのお刺身を。
サッポロ黒ラベルです。嬉しいな―。大衆食堂では当然大瓶でどんと登場です。とっとっとっ、乾杯☆彡

おつまみのマグロはとても分厚く深みの赤が食欲をかきたてます。

のんびりと食堂でテレビに映るNHKニュースをぼーっと眺めながら飲むのってとても気持ちいいです。ほっと落ち着きます。

DSC03631

季節のオススメ、カキフライも頼みました。
食堂の揚げ物って大抵油をしっかり管理しているからカリっとしていて美味しいんですよね。

冷凍ものではなさそう。プリプリの牡蠣をふんわりと衣が包んでいます。ソースはもちろんウスター。サクサクなんだけど、その上からたっぷりソースをかけるのもまたヨシ♪

DSC03632

常連さんは皆さんテレビのほうを眺めながらお燗酒。
私たちも迷いなくお燗酒。今宵の沢の鶴は一段と暖かいです。

メディアに度々紹介されるような人気店だとこうはいかないのですが、やっぱり食堂はこの空気感を楽しむものだと思います。常連さんからしたら、「何にも特別ではないよ」となるのでしょうけれど、毎日忙しく過ごしている私たちにとって、昭和の時間が今も流れるようなこういう食堂はとても魅力を感じます。

DSC03633

長居しすぎてしまいました。女将さん、すみません。
店内は近くのお祭のお神輿の写真や町内会の様子が貼られていたり、街にどっしりと根付いたお店ならではの風格があります。

壁にはられた短冊は下町の食堂のようにダイナミックさはないですが、達筆な字がいいじゃない。のんびりゆったりいい時間。
さて、そろそろ現代に戻るとしましょうか。

ご主人、女将さん、いつまでもこの雰囲気を守ってください。また飲みにきます。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

かめや
03-3821-0861
東京都文京区根津2-18-2
11:30~13:30  17:00~21:30 (日定休)
予算1,200円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«