御徒町「英鮨 御徒町店」 お手軽に鮨屋で飲む楽しさ


DSC04672

こんにちは。

日常的に居酒屋で飲んでいても、江戸の三大グルメの天ぷら・蕎麦・お寿司のお店で飲むのはちょっぴり特別な気分ですよね。
今日は気分を変えてお寿司屋さんでおつまみをいくつか摘みながらお燗酒を飲んで、ぼちぼち頃合いかなと思ったら少しだけ握ってもらう。
そんな流れを楽しむのがお寿司屋さんです。

高級店はお酒が高いので、いつも使っているような酒場価格で飲みたいと思ったことはありません?

 

そんな飲兵衛の希望を叶えてくれるお店が「英鮨」です。池之端付近に3軒ある地元密着のお寿司屋さんです。
場所柄、かっぱ寿司のよきライバルという感じ。このふたつの鮨屋さんが常に切磋琢磨しているからこそ、利用者に嬉しいお店ができているのでしょうね!

御徒町駅から徒歩1分。上野市場さんの向かいにある御徒町店に入りました。

DSC04669

ビールはサッポロ黒ラベル。毎日飲んでも飲み飽きないこの味、お寿司にも当然合いますね☆彡

はい、乾杯です。

焼酎類や日本酒、お寿司屋さんの定番なお茶割りも揃います。価格は街の居酒屋さんとかわらないのでビールでも日本酒でもどんどんいきましょう。

DSC04667

このお店の特長は、まずなにより豊富なおつまみメニュー。
煮魚・焼き魚、ちょっとした小鉢まで、毎日変わるおすすめメニューには20種類以上載っています。

どれにしようか迷ってしまいますが、大好物の蝦蛄は「子持ち」と書いてあったのでまずはこれから。
蝦蛄の卵はカツブシという別名がありますが、かつお節のように味が詰まっていて美味しいということからついた名だそう。子持ちはそれだけ食べる価値があります。この旨味がつまった蝦蛄にちょっとだけ甘たれをつけパクっと食べれば、それはもう幸せ間違いなし。

ビールからお燗酒に切り替えて、徳利は瞬く間に軽くなっていきます。

DSC04670

そして、私のお酒のお師匠が大好物な松前漬け。
昆布の味が染み込んだ数の子が口の中で砕けます。そして、心地よいあと味にぬる燗のやわらかな口当たりがまたいいんですよね。

さて、そろそろお酒も空いてきましたし、お茶割りを飲みながらシメの握りに行こうかな。
ここのお寿司は85円~の明朗会計ですので安心ね♪

DSC04671

アジにカツオ。かなり分厚く食べごたえ十分。もちもちとしたアジが印象的です。
酢飯の温度は人肌で、やや甘めの味付け。シャリがやや小ぶりなのが梯子酒の末にたどり着いた私たちには嬉しいです。

DSC04666

本当はそれだけでおしまいにするつもりが、もう少し食べたくなってきました。
マグロ、穴子贅沢にウニもいきましょうか。

こちらもネタがとても大ぶりです。酢飯が小さめなのでなおさらそれを感じます。居酒屋さんで食べるお刺身はもちろん大好物ですが、やっぱり魚はお寿司屋さんが特別よいですよね!

奥に長い店内は21時過ぎの訪問時もなかなかの賑い。長いカウンターでは常連のお父さんたちが独り麦焼酎を飲みながらお刺身を摘んでいたりいい感じ。グループ客も多くて賑やかなので、もちろんお寿司屋さんのあの上質な空気感とは異なるのですが、居酒屋好きならこういうのも楽しめるのではないでしょうか。

お昼から続けて営業していますのでお昼酒にも♪

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/なゆ)

 

英鮨 御徒町店
03-3837-3507
東京都台東区上野4-2-11 大原ビル 1F
11:00~24:00(無休)
予算3,000円

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«