湯島「郷土料理 朱鷺」 新潟県人会が愛用する飲み屋で


DSC04553

こんにちは。

郷土料理をだすお店にハズレなし。
私のお酒のお師匠が言った名言です。

うんうん、たしかにそう言われてみれば、はずれたことがないかな。
県を代表するお店になると、やっぱり地元の人達が集まるでしょうし、それで嫌われてしまうと続かないわけですし。

新潟の郷土料理をだすお店で、使い勝手がよくて大衆酒場価格で楽しめるお店を紹介します。
東京メトロ千代田線の湯島駅から徒歩1分。上野御徒町からも近く、便利な場所にある「朱鷺」(とき)は、新潟県人会ビルに入っているという、ものすごいオフィシャル感のお店です。

御徒町の90年以上続くスーパーマーケット吉池が経営するお店です。吉池の創業者が十日町の出身ということで、系列の「味の笛」や「朱鷺」も、新潟一色になっています。

DSC04534

地階に降りるとそこには50人程度の入れるちょっと大きめな酒場空間。
新潟駅前の酒場にもなんだか雰囲気が似ているように思います。

まずは瓶ビールから。乾杯です。生はスーパードライ、瓶は各社揃います。ここの料理はお魚がメインで50種類ほどあります。
新潟の郷土料理がほとんどで、のっぺい汁なんていうチョイスもできるのはさすが。

DSC04539

お刺身6点盛りはこれで1000円程度。うんうん、よいのではないですかー?
ボリュームではなくて、質を重視しているのが人生の先輩方向けの証拠。

南蛮海老、鯛、きびなご、ブリ、いか、マグロ。
こうくると、やっぱり日本酒が飲みたくなりますね。

DSC04540

年末に訪れたということもあり、かに料理がオススメにありました。
お師匠と二人で飲みに来たのですが、無類の毛ガニ好きな人なので、やっぱり頼んでいます。

指に刺さりそうになりなからも、黙々と食べます。うーん、カニは会話がとまりますね。

DSC04544

1200円で地酒を飲み比べられます。
雪中梅は固定で、そのほか好きなお酒を15種類ほどの新潟の地酒ラインナップから選ぶことができます。
八海山、〆張鶴、久保田といった有名どころの顔ぶれもありますが、私は新潟と言ったらコレと思っている麒麟山と、あとは珍しい鮎正宗(妙高)を選びました。

さすが吉池。他の飲み屋ではめったに見かけない銘柄がずらり。新潟県人会の皆さんも納得する理由があります。

DSC04545

柳川をおつまみに、日本酒をきゅっと。
幸せです。麒麟山の辛さと心地良いです。鮎正宗は本醸造で、滑らかで優しい味。これはいいですね。吉池にいけば扱っているそうで、後日買うことにしましょう。

DSC04548

本格的に飲むお酒には、真野鶴と金鶴を。どちらも珍しいですね。きんつるは新潟で去年飲んで以来です。
味はおだやかで、最近のはやりとは違いますが、私の大好きな「すっときて、余韻が深い」というタイプ。

佐渡にわたって民宿で飲み干したいぁ(笑

DSC04550

氷頭は鮭のあたまのてっぺん。新潟・村上に流れる三面川は鮭の遡上で有名で、鮭と酒の街として有名。そこの郷土料理がこの氷頭です。
お酒との相性はばっちり。(北海道・東北などでも食べられています)

なますなので、年始にもぴったりの食べ物です。

DSC04546

 

このビルの一階には、同じ吉池がやっているお寿司屋さんがあり、そこの握りを下に持ってきてもらうことができます。
本格的な握りを、普通の飲み屋さんで食べられるのって嬉しいですよね。1カン100円台から揃うのでそんなに高くないですが、ネタは十分の質。

飲んだあと、ちょっとだけ握りをツマミたくなることってありますよね。こういうのっていいなぁ。

 

店内は新潟の人がやっぱり多いのかな。
となりのグループはこのお寿司を桶で頼んで、この価格でこれなら他の寿司屋にいかなくてもいいかもと言いながら、ぱくぱくと食べています。

お客さんの年齢層は高めなので、若い人たちが集まる酒場は落ち着かないというような、50代くらいから上の人にはとても居心地が良いと思います。私は年の割に好みがおじさんぽいので、こういう空間のほうが好きです。

店員さんもてきぱきされていますし、料理も大衆飲み屋として十分のものだと思います。千代田線ユーザーの方は途中下車してどうぞ。
予算は3000円くらい。
ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
是非ブログランキングへ応援ボタンの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文/なゆ)

 

郷土料理 朱鷺
03-3833-0145
東京都台東区上野1-13-6 東京新潟県人会館 B1F
月~金 17:00~23:00 土・祝 15:00~21:00(日定休)

大きな地図で見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«