取手「さつま」 地元ノンベエ御用達。毎日でも通えるもつ焼き大衆酒場


水戸街道の宿場町・取手。昔も今も<東京と水戸を繋ぐ交通の要衝です。上野からはJR常磐線の快速電車で35分、東京に一番近い茨城の街へ、気まぐれ酒場旅にきました。

旧本陣の近くには古くからの飲み屋街があり、個人系の酒場が充実しています。その中でも、おすすめしたい老舗が、1975年(昭和50年)創業の大衆酒場さつまです。長禅寺三世堂の丘を囲むよう扇型をした独特な飲み屋群にある、一際渋い建物です。

取手にはキリンビールの工場があることから、特製のポスターがいたる所に貼られています。横浜・生麦と並び、首都圏にビールを供給する拠点で、取手の街を代表する工場のひとつです。

 

世間の定時である17時よりも、一足はやく暖簾がでる「さつま」。さらに、開店に合わせて次々と地元在住の常連さんたちが集まってきます。まさに、地元密着の飲み処です。

小上がりと、L字カウンターだけのコンパクトな店は、まだ明るいうちから賑わいます。

 

ご夫婦で切り盛りされるアットホームな酒場。お客さんも近所の方が多いので、皆さんの会話はまるで井戸端会議のよう。

 

看板料理は長年継ぎ足してきた特製タレを使うもつ焼きです。さらに、女将さんが担当する炒めものや簡単な小鉢が脇を固めています。

そして、なんといっても魅力的な安さ。このご時世でも、もつ焼きは4本320円とお小遣い値段。お通しもなく、チューハイやウーハイ300円を適当に飲んで千円ちょっとの仕上がりです。

 

取手の街をカップ麺の街(大手即席食品企業の工場もある)と言うのは、お酒が飲めない人。お酒好きは、やっぱりコレでしょう。取手工場(24)醸造の”地元ヒール”一番搾り(大びん600円)で乾杯!

 

もつ焼きの箸休めに冷やしトマト(220円)がいつもの組み合わせ。もつ焼きも安ければ、小鉢も安いです。丸椅子に楽な姿勢で座って、好きな感じに食べて飲んでいれば、緩さという癒やしがあります。

 

もつ焼きはお任せで。味は濃厚さがビールを進ませるタレで焼いてもらいました。ご主人がもくもくと調理します。

 

小ぶりながら、タレの照りが見るからに美味しそう。漂う焦げた醤油と味醂の風味が誘います。

 

肉の味もつよければ、タレの味もしっかり。コクある余韻にビールが止まりません。

 

そして、もうひとつ。自家製のつくね(170円)は、口の中でほろほろになる柔らかさ。これに特製の辛味噌を塗っていただきます。

とろとろになった煮込みも、くさみがなく美味しいと評判です。

 

いまどき、野菜炒めが300円で食べられる飲み屋は貴重です。日頃の野菜不足をいっきに解消と頼みました。キャベツの裏から豚バラがでてくる嬉しさ。

 

東京から一時間もかからないのに、すっかり旅行気分。ベッドタウン化が進む中、いつまでもこんな飲み屋街が残って欲しいですね。

千円ちょっとで飲みたいとき、「さつま」の暖簾をくぐってみてはいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

さつま
0297-73-4932
茨城県取手市取手2-9-16
16:30~23:00(日定休)
予算1,800円



“取手「さつま」 地元ノンベエ御用達。毎日でも通えるもつ焼き大衆酒場” への2件のフィードバック

  1. amarift より:

    >取手工場(24)醸造の”地元ヒール”一番搾り(大びん600円)で乾杯!

    「地元ヒール」になっとるw
    ところで、(24)って何?
    出来てから24年経ってるのかな?

    • 塩見 なゆ より:

      地ビールというと、クラフトっぽく聞こえるので意図的に”地元のビール”で書いてみました。ちなみに、24は取手の固有記号です。瓶や缶の裏に記載されたもので。マニアックなネタを入れたがるので、あまりお気になさらずにふわっと読んでくださればと♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«