名古屋「恵三」 謎の習慣性!名駅の〆は名物カレー焼きそばで決まり


名古屋出張で立ち寄る居酒屋があります。名駅近く、ニョキニョキと建設が進む高層ビル群の中で時間が止まったような酒場が密集する区画。ここの「恵三」が好き。名古屋めしと呼ばれるものは凡そ食べてきましたが、私にとって名古屋のローカルフードといえば、恵三のカレー焼きそばがまず思い浮かびます。

今宵も取材で同行したキリンさんチームと一緒に、〆の一軒として立ち寄りました。キリンビールの事務所に近いこともあって、いつの時間でも誰かしら飲んでいるようなお店。

 

佇まいはまさに大衆居酒屋。普段まじめに決めている料飲営業担当の社員も、ザ・サラリーマン的に素の表情に戻れる貴重な”オフ”の場。

 

名古屋のお母さん的な存在の「えみちゃん」がお店の中心。

単身赴任や出張で訪れる人に、満面の笑みで「いらっしゃい」と明るく声をかけてくれます。「おかえりなさい、おつかれさま」、そう言われているようで、どんなに取材ハシゴで疲れていても、ここにくれば再び飲みたくなってしまいます。

 

薬草の酒「五加皮酒」(ウーカーピー)をベースにしたえみちゃんハイボールが定番ドリンクです。五加皮酒は陶陶酒や養命酒のような味で、そのクセに惹かれてクイクイと飲みたくなる不思議な飲み物。

ソーダ控えめでお酒たっぷり。これで明日も昼から梯子酒ができそう?乾杯!

 

ビールは樽生が一番搾り。大瓶は一番搾りに加えてRLとCLの2つのラガーまで揃っています。さらに時期によっては名古屋づくりも加わります。麦焼酎「白水」の生茶割りなど、ビールだけでなく限りなくキリン勢。

 

名物は鉄板料理。日替わりのホワイトボードには刺身や焼魚、チーズ焼きポテトサラダなど食べたいものばかりですが、いつも仕事終わりの〆に立ち寄るので、後ろ髪を引かれる思いで諦めています。今度は一軒目に…

 

鉄板焼きが充実していて名物になっています。まずは生ビールで一番搾りをもらって、砂肝(550円)をちょいちょいと。

 

続いて岐阜の明宝ハム。中部で代表的なハムメーカーで、これを食べると改めて名古屋の酒場だと感じるものです。

 

今日はキリンさんがいっぱい。ビジネスライクなオンの付き合いも、瓶ビールを傾けて一緒に飲めば、あっという間にオフになる。ナショナルビールは単純に飲み物というだけでなく、何年も何十年も、みんなの間を繋いできた名脇役です。

 

さて、メインディッシュ。これを食べずに帰れない。深い時間に食べたくなる謎の習慣性があるカレー焼きそば。ソース、醤油、中華など味のバリエーションは居酒屋とは思えないほどで、その中でも特に人気がこのカレー。トッピングの卵を載せて贅沢に。

 

中太の縮れ麺で一部がカリカリ。独特な出汁のような風味が旨味がついています。そこにたっぷりのお子様味のカレー。とことんジャンキーで、これがたまりません。

 

もともとの料理に別の要素を混ぜ込むのが得意な名古屋料理。美味しいもの同士の掛け算がここにあり。そして、またスイスイとえみちゃんハイボールが進むのでした。名古屋のお母さんの味に乾杯。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/キリンビール株式会社)

 

恵三
052-571-7759
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-2



“名古屋「恵三」 謎の習慣性!名駅の〆は名物カレー焼きそばで決まり” への2件のフィードバック

  1. おのっち♪ より:

    お!駅の近くだし、焼そば有るし、
    楽しみが増えましたね♪ヽ(´▽`)/

    プロ、貴重な情報ありがとうございます(^^ゞ

  2. pon1960 より:

    あさひ の隣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«