日本最古のビヤホール「銀座ライオン」、特別なビールを発売。家庭でも!


日本最古のビヤホール銀座ライオンは1899年(明治32年)の創業。110年をこえる老舗で銀座百店会にも加わる銀座の景色に大切な一軒です。

この伝統のビヤホールで働く生ビールの達人たちが110年目の記念につくったオリジナルビールが「銀座ライオンスペシャル」。この記念ビールが今年12月11日に限定復活しました。

通常の生ビール(サッポロ黒ラベル)との違いのひとつにキャラメル麦芽を一部使用しほのかな香ばしさがあります。見た目も少し琥珀がかっています。同じ系統に琥珀ヱビスがありますが、それよりは飲み心地が軽く、冬のビヤホールで会話の合間に飲むのにぴったりな味わいです。

 

銀座7丁目のビヤホールライオンは太平洋戦争の空襲の被害を奇跡的に免れた建物で戦前から続く由緒あるもの。戦後占領下のなかでGHQ専用のビヤホールとして使われた歴史を持っています。

 

本当に残っていてよかった日本の酒場遺産ですね。

残念ながら、その後初代ゴジラによって思いっきり蹴られていましたが。

 

限定醸造の銀座ライオンスペシャルは小グラス610円(以下+税)、写真の大ジョッキで1,030円です。

 

あわせるおつまみ、私のイチオシはレバーソーセージ(580円)。

 

普通のソーセージよりもコクがあり、キャラメル麦芽が少し入った濃い味の銀座ライオンスペシャルとの相性ぴったり。

この限定ビールは全国の銀座ライオン60店で樽詰が楽しめるほか、2017年12月19日(火)より缶ビールで家庭向けにも全国発売されます。自宅でも銀座ライオン気分が楽しめます。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

【銀座ライオン】銀座ライオンスペシャル
http://www.ginzalion.jp/event/ginzalionsp/

【サッポロビール】サッポロ 銀座ライオンスペシャル
http://www.sapporobeer.jp/product/sapporo/ginzalion/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«