大分「まんとく」 県民は鶏が好き!麦焼酎片手に鶏ももを頬張ろう


大分は鶏肉購入額が日本一だったこともある鶏好き県です。郷土料理には鶏めし、とり天、唐揚げと鶏が並び、それは飲み屋のメニューでもいっしょです。

大分で鶏を食べるなら?と聞いたら、答えはここ「まんとく」です。大分最大の歓楽街・都町の裏に位置し、駅からやや離れているもののサラリーマンはもちろん、家族連れから遅い時間には近隣の飲食店の人も集まる定番飲み処。創業から30年以上愛される老舗です。

 

JR大分駅は「JR OITA CIYTS」として再整備され、駅ビルを中心に温泉設備を持つホテルまで揃い、県庁所在地に相応しい構えになりました。正面入口にはニワトリの像が鎮座します。

 

さて、九州最大の鶏食大分ですが、その街を代表する鶏酒場が「宮崎名物」と掲げているのはあまり気にしないで。宮崎で生産されて、大分で食されているものですし。万徳と書いて、まんとく。

 

30年以上続く老舗ですが、店は結構な大箱です。小上がり、テーブル席と選べますが、常連さんはスタッフの方と会話も楽しめるカウンターを選ばれます。

 

目の前で火柱を揚げて焦がさない程度に炎で焼いていく独特なスタイルは、カウンターに座れば一層ライブ感を楽しめます。ちなみに、焼いている様子は取材NGとのこと。脂の炎のなかへ、一口大にカットした鶏を網に包んでガシガシと燃やしていくスタイルは九州ならではのもの。

 

さて、そんな炎を眺めつつお酒は焼酎…いやいや、焼鳥には地場の人もビールということで、お馴染みのキリンラガービールの生樽をいただきましょう。

こんなにガンガン鶏をを焼いている環境にも関わらず、店内は衛生的でべとつきにし。生ビールもフレッシュかつクリーンでおいしい一杯が供されます。乾杯!

 

まんとくは、なんと主役メニューは3品しかありません。しかも、全部鶏もも。焼くか、たたきにするか刺身で食べるか、それだけ。

サイドメニューは鶏が焼けるまでのちょいとしたつまみ用ばかりで、ここは本当に鶏ももを目当てに食べに来るお店ということが伝わってきます。

 

飲み物の品書き。生ビールはキリンラガーでたっぷり入って500円。瓶ではアサヒも選べます。酎ハイは西日本型の甘さがある樽詰めで400円。焼酎は地場の二階堂や西の星、宮崎の霧島などが揃います。だいたいの方はビールのあとに焼酎ロックです。

 

お通しで200円のキャベツ。金山寺味噌を添えたもので充分なボリューム。もも焼きも時間がかかるので、これをパリパリつつくのが良い時間。地元産の野菜をつかっていて、冷やしトマトも野性味ある大きくすっぱさ楽しむ一品です。

 

お待たせしました。炎で焼き上げた「もも焼き」が出来上がりました。立ち上る火柱の中を何度も繰り返し網に入った肉をガラガラと転がすもので、ひとつつくるにも結構な労力がかかています。

 

かなり黒くなっていますが、中は柔らかく肉汁たっぷり。成長した鶏なので肉肉しい味が特長です。ブロイラー慣れしていると驚くほどもっちもちですが、噛むほどに個性ある鳥の旨みがでてきます。飽きの来ない味。

 

こうなると麦焼酎が欲しくなる。ロックで頼むと氷控えめでなみなみ溢れんばかりにでてきてびっくり。これで400円ですから九州の焼酎店売り価格の安さに驚きます。

 

大分の名店、宮崎名物とうたっていますがこの街の文化に染まった大衆酒場「まんとく」へぜひ覗いてみてください。出張、旅行中の大分の一軒目にも最適です。

 

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/九州旅客鉄道株式会社)

 

まんとく
097-538-1698
大分県大分市都町2-16-2
18:00~24:00(日定休)
予算2,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«