京急川崎「街角おさやん」 看板ハラミ焼きの旨味でビールが増々進む


京急川崎駅から川崎市役所へ数分の場所、砂子界隈は川崎で飲みなれた人たちがたどり着くディープな飲み屋街が広がっています。常連さん率が高く、このあたりを巡回して飲み歩く人たちも多い。どのお店もお財布に優しく、梯子酒を思う存分味わえるエリアです。

七輪ホルモン焼きで人気の「おさやん」の立ち飲み業態「街角おさやん」もパトロールで立ち寄らずにはいられない一軒です。

 

お店は5坪ほどの小箱店で厨房もスタッフ二人でいっぱいになるほどコンパクト。7人ほどで満員となる店内はお客さん同士やスタッフとの距離が近く、自然と酒場コミュニケーションが生まれます。

 

チューハイ250円からはじまり、サッポロ黒ラベル生も350円と大変リーズナブル。ホッピーセットもナカが100円なので、飲み方次第では相当お安く仕上がれます。

 

今日も1日お疲れ様でした。北極星印の生ビールで乾杯!

 

お通しのキャベツはなんと無料。しかもこんもり盛られてきます。ドレッシングにコクがあり完全にお酒のおつまみ。正直、ダイエット中ならこれとビールだけでもだいぶいい気分になれそうなのですが、いやいや、ここはメインが美味しいのです。

 

焼肉屋のちゃんじゃ(300円)。にんにくが効いた強い旨味はお酒が何杯あっても勝ててしまう(笑)

 

焼鳥、焼とんの立ち飲みは東京周辺に山ほどありますが、牛モツ立ち飲みは言われてみれば少ないように思えます。ここは母体が牛ホルモン屋なのでお肉は共通仕入れ。だからこそ立ち飲み価格が成立するそうで、その恩恵しっかりいただきます。

 

ぶつレバ焼きは分厚く中はぷりぷり。たっぷりの玉ねぎとともににんにくごま油か甘辛のタレをつけて頬張れば、うんうんと思わず頷いてしまいます。

 

名物のハラミ焼き(350円)。柔らかく弾力があり、噛むほどに肉汁じゅわっと。醤油ダレとにんにくゴマ塩で味つけされていて、こうして記事にしている間も口の中に味の記憶が戻ってきます。

 

レモンハイ(300円)をぐいっと飲んでにんにくの余韻をリセット。初めましてのお客さんと、お酒を飲み交わしながらワイワイたのしく盛り上がる時間、立ち飲みは交流も楽しみの一つです。

 

牛テールスープはなんとサービス。お通しのキャベツもそうですが、サービス満点です。一人で食べきりサイズの牛モツ料理も魅力を感じますし、川崎で一人焼肉を考えるならば、あえてこういう選択もありではないでしょうか。

七輪ホルモン焼きお一人様するには敷居を感じてしまいますが、ここならば気持ちも予算も気軽に立ち寄れます。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

街角おさやん
044-246-5058
神奈川県川崎市川崎区砂子1-8-6
16:00~22:00(無休)
予算1,700円



“京急川崎「街角おさやん」 看板ハラミ焼きの旨味でビールが増々進む” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    川崎は食堂巡りが一段落したので、
    是非狙いたいものです(^.^)
    プロ、貴重な情報ありがとうございました(^-^)ゝ゛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«