門前仲町「おか田」 割烹くずしの立ち飲みは、深川の奥深さを感じる


歴史ある土地には、よいお店が多い。深川・門前仲町はまさにそれです。富岡八幡宮の門前町として古くから栄え、歴史を感じる街並みと都心からのアクセスの良さもあり、江戸らしい賑わいのある街です。そして、飲み屋の数も多く老舗・名店ぞろいです。

永代通り木場へ向けて少し進んだ場所にある「おか田」も、そんな深川の奥深さを感じる一軒です。

 

江戸の郷土料理・深川めしでも知られるように、この界隈は歴史的に見ても魚喰いの街であり、いまも割烹や海鮮酒場の銘店と言われるお店がひしめく食通御用達のエリア。

 

おか田は、そんな門前仲町にあってレベルの高い割烹料理が食べられる立ち飲みとして人気です。比較的高価な割烹を立ち飲みで手軽に楽しめる「くずし割烹」の一軒で、きちんと料理の修行をした大将がつくる料理は地元の食いしん坊たちを唸らせています。

 

お酒はビールがスーパードライで中480円、酎ハイ類が380円。日本酒や焼酎は500円からで、千葉・成田の「不動」や香川の「金陵」などこだわりを感じるチョイスが楽しい。

 

料理は立ち飲みの手軽さと割烹料理の融合といったところ。焼鳥・焼とんがあるのは下町らしいですが、焼き方は和食の料理人らしく焼物器なのが「おか田」らしいです。

このほか、谷中生姜の天ぷらやサワラのたたき、いわしの梅煮など日替わりの料理が加わります。

 

タコと岩のりのわさび和えも簡単な料理ではありますが、それゆえにちゃんと美味しいと思わせるのは大変かと思います。アサヒスーパードライで乾杯!

 

ビールの次はザップハイ。バーモンド酢を使った酎ハイで、下町のクエン酸入りの焼酎ハイボール風。リンゴ酢の果実感ある酸味とはちみつのかすかな甘味が和食料理と不思議に馴染みます。

 

ボールがきたら、焼鳥を食べなくては。正肉とつくね。(各150円)

丁寧な串打ちで引き締まった肉の旨味が閉じ込められています。

 

タレはみたらし餡のような優しい甘みが特長。

 

お酒は金陵を。こんぴらさんのご神酒でもある金陵は四国を代表する銘柄の一つ。

 

ちりめん山椒(380円)をもらってちびちび飲めば良い気分。

2009年創業、優しい雰囲気の板長と女将さんの二人で切り盛りする「おか田」。

美味しいなーと心から感じられる料理とお酒を静かに飲む、価格はそんなに安くはないけれどそれにみあった料理が楽しめます。門前仲町で飲むときの一軒として安心しておすすめできるお店です。

カウンターが5名ほど、3人テーブルが2卓とコンパクトな作りなので、気がつけば常連さんやお店の人といっしょになって料理話で盛り上がりました。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

立ち呑み処 おか田
03-3641-1287
東京都江東区富岡2-1-10
17:30~23:30(日祝定休)
予算1,700円



“門前仲町「おか田」 割烹くずしの立ち飲みは、深川の奥深さを感じる” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    混んでいて間が悪い私を感じる店の一つ。
    それだけ口の肥えた方が通われてるんでしょうね(^.^)

    プロ、貴重な情報ありがとうございました(^-^)ゝ゛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«