御徒町「ビストロドマンナカ」 肉とワイン、正統派組み合わせは素晴らしい


【キリンビール提供】

赤坂や秋葉原でグループ利用の海鮮居酒屋として人気の「どまん中」。刺身の鮮度やボリュームの良さから人気となったお店で、飲み屋としてそこそこの値段で飲めてしっかり満足ができる正統派。そのスタンスをそのままビストロ業態に持ってきた「ビストロドマンナカ」が東京・御徒町にオープン。

ビストロというと有名チェーン店が比較的多いですが、個人経営でスタートして地道に店舗数を増やしている「どまん中」は小回りが利いたお店を運営されていましたので、肉とワイン好きの皆さんにぜひご紹介したいと思います。

 

真空低温調理でじっくりと焼き上げたジューシーなステーキ、ローストビーフやシャルキュトリーが看板料理。コースメニューもありますが、常連さんがお肉を軽くツマミにしてワインを飲んでいく姿も多く見られます。

 

御徒町駅から春日通りを東へ。昭和通りをこえてすぐの場所。御徒町駅周辺はアメ横を含む巨大な飲み屋街ですが、そこから一歩離れ、知る人達だけがこっそり飲み歩く落ち着いたエリアにあります。

 

ボックス席が並ぶカジュアルテイストの内装。調理場に向いたカウンター席があり、お一人様もOK。使い慣れている常連さんがぽつぽつと飲んでいます。

 

ビールは生がハートランドと、珍しいよなよなエールの樽。ワインカクテルが一通り。洋酒の種類はかなり充実しています。

 

それでは、ハートランドで乾杯!このマグジョッキの雰囲気が好き。

 

続いて料理のメニューをみていきましょう。ビストロですが日替わりの食材もあります。珍しい!ルーミート(カンガルー)があります。

 

定番の肉料理。牛ステーキは150gで2000円前後。チャコールグリルプラッター(グリルの盛り合わせ)は300gで2,680円で、おすすめはこのプラッターです。

 

すぐでる料理でシャルキュトリー盛り合わせ(1,800円)もおすすめ。基本はグループで使うお店なので、一皿は高めに見えてもボリュームがしっかりあり、シェアすれば一人あたりの価格はそこそこいいあんばいというのがここの価格イメージ。

 

パテ・ド・カンパーニュやサラミなどシャルキュトリー(フランス語:食肉加工品の意味)がこんなに盛られているので、3~4人でちょうどいいサイズ。

 

チャコールグリルプラッターはその日のおすすめのお肉をしっかり盛り付けて2,680円。定温加熱調理で静かに調理しているので、中はローストビーフのようにピンク色。表面は炭火で香ばしく焼き色をつけています。

 

こうなるとワインが欲しくなります。ボトルワインは2300円~。

 

ちょっぴり贅沢してトラピチェ ヴィンヤーズのマルベックを。プラムのような酸味とバニラのような余韻。ミディアムボディのまろやかな味が定温加熱の肉料理にばっちり。

 

こうなれば、ローストビーフをぜひ食べたい。毎営業日の19時~20時の間に一度焼きあがるローストビーフ。カットするところを見せてもらいましたが、これは肉食派の夢の光景でしょう。3枚で1,000円とお手頃価格なので、ひとり一枚美味しい時間を。

 

肉料理をひとしきり楽しんだ後は、カルツォーネ(980円)。ピザが680円からとお得で、しかもピザ職人が注文を受けてから寝かせていたピザ生地を広げて焼き上げていくので、言うまでもなく本格派。もともとピザのお店で働かれていた人がお店を手伝うようになって、それで生まれた第二の名物。

 

一人で飲みに来る方には、ボリュームを調整することも可能だそうで、美味しい肉とワインやビールが飲みたくなったら、思い出したい選択肢の一つだと思います。

お店のスタッフの皆さんがとてもフレンドリーで、居酒屋感覚で使える人情系ビストロというのも魅力の一つです。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ タイアップ/キリンビール株式会社)

 

ビストロ ドマンナカ
050-5594-1543
東京都台東区東上野1-13-2 成田第2ビル 1F
17:00~23:30(ランチあり・日定休)
予算3,500円

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«