浅草橋「酒寮むつみ屋」 歴史ある街に、歴史ある酒場。まじめさ伝わる肴で一献


東京は駅ごとにまったく異なる表情を持ちます。そして、どの駅、どの街にもその土地の色を濃縮したような酒場があるのですからおもしろい。酒場をめぐることは、その街を知ることにも繋がります。

JR総武線浅草橋駅は、隅田川沿いにある小さな駅です。地名でもある浅草橋は、神田川にかかる橋の名前で、日本橋から浅草を結ぶ江戸時代の頃からの極めて重要な橋の一つです。

浅草寺の門前橋で古くから栄えていた場所であり、いまもその頃からの風格を街のいたるところに感じられます。お馴染みの”雛人形の久月”は、浅草橋で雛市が開かれていた名残です。

歴史ある場所に名酒場あり。今回ご紹介します「酒寮むつみ屋」はこの街で変わらず愛され続けている老舗酒場です。創業は1949年(昭和24年)と古く、初代はむつみ屋を開く以前から立ち飲み屋をやっていたという経緯を持ちます。

 

浅草と日本橋という二大商業地に近いことから、商人の町として栄えた浅草橋は現代でも事務用品のキングジムなど多くの会社の本社機能が集中しています。そこで働くお父さんたちの仕事終わりのオアシスとして「酒寮むつみ屋」はいつも大賑わいです。

これぞ老舗というムードたっぷりのカウンター席。飲んでいる常連さんたちの後ろ姿は、まさしく「働くパパは男だぜ」。品書きの短冊も渋くてかっこいい。

 

ビールは瓶、樽ともにサッポロ黒ラベル。瓶ビール大びん550円。酎はい(むつみ屋の酎ハイ類はすべて”はい”がひらがな)は340円、ホッピーはセットで470円と良心的。日常使いの大衆酒場です。

お通しのきんぴらだいこんをつまみに、では乾杯!

 

長年の取引があるからこそのお値段以上の食材たち。それを飲みに来た私たちに還元してくれる、老舗酒場で飲みたい理由のひとつです。馬肉やまぐろなど店のイチオシはいくつかありますが、筆者としてはむつみ屋といえば鯵の店。鯵たたき(520円)やアジフライ(500円)など、新鮮でぷっくりと太った良質な鯵を注文を受けてからさばいてくれます。アジフライも冷凍ものではなく、これまた注文が入るたびに三枚におろして揚げてくれるのです。

 

濃厚でいつまでもつまみにしていられる、それでいてしつこさがない煮込み。味噌ベースでコクがあり、瓶ビール1本とこれがあればずっと幸せです。量もしっかりあるので、一人だとなかなかのインパクト。

 

レモンをぎゅっと絞ってくれた390円の生レモンはい。下町ゆえ度数が高いのは言うまでもありませんが、たっぷりのレモン果汁で余韻はすっきり。濃厚なお酒のツマミを食べた後も口の中をリセットしてくれるよう。後半になってくると、この生レモンはいを延々とおかわりしてしまいます。

地元で働くお父さんたちの憩いの場。仕事終わりの「おつかれさま!」のムードが漂う空間で飲むお酒はいいものです。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

酒寮むつみ屋
03-3866-5078
東京都台東区浅草橋1-18-6
17:00~22:30(土は16:00~・日祝定休)
予算2,000円



“浅草橋「酒寮むつみ屋」 歴史ある街に、歴史ある酒場。まじめさ伝わる肴で一献” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    そうそう、ここここ\(^^)/

    鯵推しは知らなかったなφ(..)
    次回はレモンハイまでたどりつきたいものです。

    プロ、貴重な情報ありがとうございます(^-^)ゝ゛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«