渋谷「麗郷」みんなここで大人になってきた。変わらぬ活気と味


渋谷はファッションを中心とした若者の街ですが、昭和に若者だった人が歳を重ねた今、同じくあの頃から年輪を増やしてきた昭和の飲み屋には、昔の若者が集います。

闇市の名残である横丁は渋谷にもいくつかありましたが、再開発につぐ再開発でその多くが跡形もありません。そんな消えていった横丁の中で、1955年(昭和30年)に一軒の台湾食堂が誕生しました。

恋文横丁という名の横丁は、この路地を舞台にした映画「恋文」からつけられたと言われています。現在のヤマダ電機LABI渋谷店の脇、文化通りに面したところから奥へと伸びていました。現在も「恋文横丁此処にありき」という碑がたっています。

 

恋文横丁は1965年(昭和40年)には再開発で取り壊されてしまいましたが、当時の渋谷の若者に大人気だった台湾食堂「麗郷」は、道玄坂と文化通りを結ぶ道玄坂小路に移転し、レンガ調の独特なお城のような外観の店舗となり、現在に続きます。

ギラギラとしたネオンが光る路地は、慣れているからこそなんとも思いませんが、初めての人は実に入りにくい。そんな中で、麗郷にたどり着いたときの安堵感みたいなものは、幼いころの筆者の記憶にいまも残っています。

 

2階建てで個室含めて100席以上の大箱。一階はこれぞ中華といった感じの”廻る丸テーブル”がデンと並び、相席ごめんでみんなでテーブルを囲みます。

ビールは昔からサッポロ。麗郷のロゴ入りのジョッキで飲む生ビールは、一杯550円。料理は800円からと、いまのせんべろ酒場と比べれば割り高に感じると思いますが、昔はこれでも安く感じたものです。お通しなし、お腹いっぱい食べて飲んで3,000円くらい。渋谷のこの場所で、美味しく飲み食べしてこれならば良心的ではないでしょうか。

名物は、厨房側のカウンターにずらりと吊るされている腸詰めです。

 

サッポロの生ビールは、いまは「黒ラベル」と読んでいますが、麗郷ではあえて「サッポロ生ビール」と昔の呼び名を使いたい。鮮度抜群、状態良好のサッポロで乾杯。

 

昭和のこからの名物、腸詰めやビーフンのほかにも、麗郷の台湾料理は種類豊富で本格的。大根餅などの定番から酔蟹まで選べます。

 

麗郷といえば腸詰め。腸詰めといえば麗郷。月に1度は食べたくなるこの味。独特な風味と濃厚な旨味、乾いているように見えて実はとてもジューシーです。

 

ピリ辛の特製タレをつけて食べます。中国人の店員さんが「これつけて」と、テーブル上の調味料を手際よく小皿の横に置いてくれることも。

 

おすすめは空芯菜炒め。塩とにんにくを入れて強火で一気に炒めたもので、シャキシャキとした食感や甘さが残り、濃い目の味付けとあいまって最高の肴です。腸詰めと空芯菜を頼めば、もう一人前としてお腹も気持ちも十分過ぎるほど。

 

中華系のもつ料理も揃う。なかなかオシャレな中華料理店ではみかけないガツ炒めも、麗郷ならではの逸品。数人でこれをつつきながら、紹興酒やサッポロビールを飲めば相手も自分も大満足。

 

古い本格中華によくある、細かい文字でびっしりとかかれた品書き。漢字四文字の料理名とちょっとした解説から、どんな料理か想像して頼むのが楽しい。「お、こうきたか」みたいな。

グループで飲むならばコースがお得感があり、あれこれたっぷり食べられるのでおすすめ。1人ならば、やっぱり腸詰めかビーフンでしょうか。

 

渋谷で学生時代を過ごした方には、大定番の中華。ここで大人に混じって背伸びしながら紹興酒を飲んだら、ちょっぴり大人になれた気がしたものです。

麗郷は料理が美味しく、昭和の渋谷を感じるにも最適なお店。お腹がすいた日の乾杯にいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

麗郷 渋谷店(本店)
03-3461-4220
東京都渋谷区道玄坂2-25-18
12:00~24:00(平日は15:00~17:00中休み・無休)
予算2,800円



“渋谷「麗郷」みんなここで大人になってきた。変わらぬ活気と味” への1件のコメント

  1. おのっち♪ より:

    来月の床屋後のランチの腸詰めは、
    床屋の隣の富ヶ谷店じやなく、
    駅前に行く事にしよう…
    プロ、ありがとう(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«