近鉄奈良「かっちゃんの大衆酒場ザスタンド」 チョイ飲み不毛地帯の希望の星


日本有数の観光都市、奈良の周辺には実は飲み屋の数は少ない。

JR奈良駅と近鉄奈良駅、2つの玄関がありますが、街の中心は近鉄奈良駅側です。駅を降りればすぐに興福寺の境内や門前町が広がり、そのまま歩いていけば東大寺の大仏へ繋がります。そんな好立地過ぎることが、逆に飲み屋街が形成の妨げであったかのようにも思えます。

あまりにも観光地化されているので、場末の昭和的な空気が残っておらず、私のような大衆酒場好きにはなかなか厳しい街。そんな近鉄奈良駅前の東向商店街に2016年、待望の大衆酒場がオープンしました。

その名も「かっちゃんの大衆酒場」というコテコテの酒場で、スタンドとついているのは立ち飲みという意味ではなく、京都の京極スタンドのようなクラシカルな賑わいをイメージしてとのことです。

 

奈良はもともと酒造りが盛んな地。海はないけれど、養鶏が盛んで名物もあります。海鮮は舞鶴漁港からの直接仕入れで刺身類も豊富です。カウンター中心のつくりで、土日祝日は正午からオープンする典型的なノンベエ処。

 

300円台からのおつまみは、カウンターの短冊にずらりと書かれていて、あれもこれも食べたくなってきます。オープンから半年が経過し、少しずつ常連さんも増えているようで、ザ・酒場の顔ぶれという感じのお父さんたちが日本酒片手に昼からメートルを上げています。

 

看板料理はご当地の食材、ヤマトポークを使った豚しゃぶや牛ホルモン煮、鶏料理などです。畜産の土地ならではの並びは、旅の一杯としても嬉しい。

 

ビールは生がサントリープレミアムモルツで、瓶でキリンとサッポロが選べます。大びんは650円。

カウンターにたくさん食材が並び、オクラが美味しそうでしたのでそれを茹でてもらって、飲み物はサッポロ黒ラベルで乾杯。味がしっかりノンベエ好みの味付けのホルモン煮は庶民派の味付けです。

 

日本酒は650円均一で、地元奈良の銘酒、梅乃宿や篠峯など5種類と、京都や三重など近隣の今風の味で設計されている銘柄が中心です。私は澤屋まつもとが好物なので、それを1合。

 

人気のヤマトポークのぶたしゃぶ。ボリューム満点、すっきりとした味でくさみがない豚なので、お腹がいっぱいでも箸が伸びる逸品。古くから畜産が盛んな奈良県らしいおつまみです。

 

強炭酸のハイボールが定番で、1杯380円~。そもそも明るい時間に飲めるお店が少ない奈良で、落ち着けるカウンターで昼からハイボールが飲めるのは嬉しい。サントリーが引き続き力を入れているジムビームのハイボールが若い人を中心に飲まれています。

 

強炭酸が注げるサントリーの炭酸ディスペンサー「ゼウスタワー」が入っているので、超シュワシュワな角ハイボールも楽しめます。白州や山崎といったサントリーのいつもの顔ぶれも大衆酒場の価格で揃っています。

地元奈良出身のオーナーが、近鉄奈良駅前にもスタンド風の大衆酒場の賑わいを作りたいということで始めたときく「かっちゃんの大衆酒場」。スタッフは若い人が中心ですが、いい具合で老若男女がのんびり過ごせるいい雰囲気をつくっています。

今風のネオ大衆には、あまり積極的に触れない筆者ですが、奈良で観光の合間のちょいと一杯で使えるこんなお店は大好きです。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

かっちゃんの大衆酒場ザスタンド
0742-22-1221
奈良県奈良市東向南町14 ほていやビル 1F
15:00~24:00(土日祝は12:00~・不定休)
予算1,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«