三宮「守破離」 まるで墨田区!神戸生まれの下町酒場で天羽の梅


dsc07202

神戸・三宮へやってきました。今日目指すお店は墨田区鐘ヶ淵です。え?

三宮駅のJRや阪急の高架下に広がるの飲み屋街や、海岸に続く通りの重工業で働く人向けの古い酒場・角打ちも素敵なこの町。そこに、とある店だけ特異点的に、「東京・下町」なのだという話を聞き、酒場めぐりを本業としている、ましてや下町酒場がホームの私としては、絶対飲みに行かなくてはとやってまいりました。

三宮駅北口、東門街へはいってすぐの場所、飲食店ビルの3階にある「守破離」が目的の店です。

 

dsc07203

オシャレなロゴですが、どこか見覚えのある水色のデザイン。もしやキンミヤ?

 

dsc07204

スナックの居抜きのような店構えで入るのにちょっと躊躇しますが、そこに似合わぬ「キンミヤ認定シャリキン取扱店」のプレートが。掲げられているメニューにももつ焼きや煮込みの文字があり、これは間違いなく大衆酒場です。

 

dsc07206

店主の女性がひとりで切り盛りする店で、やはりスナック的なカウンターでありながら、並ぶ酒瓶や料理の顔ぶれからするに、やっぱりここは大衆酒場のカウンターのようです。

着席とともにでてきたキンミヤは、通常の飴色のガラスではなく透明瓶をつかった特別なもの。東京でも南千住など極僅かに使われていますが、まさか三宮にあるとは。

 

dsc07211

気になるドリンクメニュー。生樽はキリン一番搾り、瓶ビールで赤星、ホッピーまであります。さすがにリターナブル瓶ではありませんが、氷を入れずに焼酎とグラスを冷やした三冷ホッピーなんていう公式推奨レシピも用意されています。

酎ハイ類も三宮とは思えない。ホイスの最西端は町田だと思っていましたが、これで三宮に更新ですね。

 

dsc07210

炭酸はアズマ炭酸かドリンクニッポンか…とまではさすがにいかず、ご当地のものですが、それでも全国数十人の割り材マニアは神戸のご当地炭酸が興味深い。

 

dsc07212

一杯目は、やっぱりこれでしょう。氷なし、冷やしたキンミヤ焼酎に台東区龍泉の「天羽飲料製造」のAハイボールの素「通称赤ラベル」をいれて、炭酸でビルドした教科書通りの焼酎ハイボールを。

気分はすっかり鐘ヶ淵。それではボールで乾杯!

 

dsc07213

煮込みに焼酎ハイボール。東京から600キロ離れてもなおこの組み合わせを飲む、なんとも不思議な気分です。煮込みは豚ではなく牛ホルモンです。

 

dsc07218

もつ焼きもありすます。関西では豚もつの入手が難しいこともあって牛ホルモンですが、よく東京下町の味を研究されていて、雰囲気はまぎれもなく立石です。

 

dsc07222

焼酎ハイボールの次はホイスへ。ウィスキーが高価で入手が難しかった戦後の復興期に生まれた、甲類の酎ハイをウィハイ(ウィスキーハイボール)風にするべく誕生したホイスキー。その後ホイスと名前を変えます。高輪生まれの東京っ子、現在も品川区や目黒区などの老舗で愛飲家が多い。

 

dsc07231

ホルモンに酎ハイ、よく合いますねー。カウンターの上に並ぶ大皿料理など、どことなく味付けや雰囲気が大阪の大衆飲み屋的なのは、女将が釜ヶ崎の飲み屋のヘビーユーザーだからでしょう。東京の下町と大阪の大衆飲み屋のハイブリッドといった感じです。

 

dsc07238

続いて飲むものはこれ。今度は立石の気分になる?

 

dsc07240

キンミヤ焼酎に天羽飲料の謎シロップを垂らしたワイン風味の下町カクテル「ワイナー」。「梅割り」・「ぶどう割り」などと並ぶ20度超え度数の高い酩酊ドリンクで、3杯ルールや5杯と半分ルールなど東京の酒場では杯数制限をかけるところも多いですが、ここなら何杯でも飲める!いや、ホテルに帰れなくなりそうですが(笑)

 

dsc07230

下町酒場好きとしては、あえて神戸のご当地割り材も興味深い。マスコットという割り材をご存知でしょうか。もともと関西は、アサヒのが”樽ハイ倶楽部”やキリンの”キリンレモンハイ”、サッポロの”氷彩サワー”など、ビールメーカーが、ビールの生樽と同様サーバーに接続するタイプの酎ハイが定番です。甲類を炭酸で割ったものの飲用文化があまりない地域にあって、これは貴重です。

 

dsc07232

ダイヤレモンサワーなるものも。果汁10%、東京でいうところの博水社的な存在でしょうか。西灘は江井ヶ嶋酒造が「甲類白玉焼酎」を作っているので、ぜひ土地の酎ハイを試してみたいものです。

 

dsc07241

日本酒が褒紋正宗というのも、まためずらしい。これは東京・大塚の日本酒愛好家が通う、東京を代表する日本酒飲み屋の老舗の気分が楽しめます。

もつ焼き、煮込みにスパサラに。東京の酒場らしい顔ぶれがずらりと揃うお店なので、てっきり女将さんのご出身は東京かと思いましたが、バリバリの大阪生まれ・大阪育ちとのこと。いまや、下町の酒と肴は全国区ですね。

1,000円と2,000円のコースがあり、その場合はお通しがないそうで、酎ハイ3杯くらい飲んで2,000円ちょっとという気軽利用も可能。近隣にお住まいの方で東京の酒場を愛する方は、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

守破離
090-5364-1130
兵庫県神戸市中央区中山手通1-2-7 リッチビル 3F
17:00~22:00(日定休・土不定休・土営業の際は16:00~)
予算2,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«