新橋「豚娘」 創業45年の老舗焼鳥が始めた可愛い系焼とん立ち飲み


dsc04521

新橋駅周辺は日本で一番立ち呑み屋が多いエリアです。ちょいと軽く飲んで次へ行く、という梯子を楽しむにはこれ以上ない場所です。疲れたら座って飲めるような一杯飲み屋も多く、なんだかんだで酒場巡りの聖地のような場所でしょう。新橋で酒場めぐりの魅力にハマったという人も多いのでは。

そんな新橋で焼とんの立ち飲みといえば、ここ「豚娘」を紹介しないわけにはいきません。創業今年で45年になる鳥料理の老舗「鶏繁」がはじめた焼とん業態で、芝浦の市場から仕入れる新鮮なモツを楽しめませてくれます。

人通りも多い新橋の中央通り的な存在の「レンガ通り」に面していて、店の前はチェーン酒場や個室ダイニング的な飲食店のネオンがぎらぎらと光っていますが、豚娘はお世辞にも大きいとはいえない間口で静かに営業中。

いや、袖看板はどピンクなので、派手といえばそうかもしれませんね。

 

dsc04510

入ってすぐに焼き台とドリ場があり、それに沿うように一人飲みの人用のカウンター、そして奥はテーブル席が並びます。立ち飲みがベースなので、グループ利用ができるというのをご存じない方もいらっしゃいますが、焼とんをワイワイ飲みたければ予約も可能です。

スタッフは全員女性ですが、媚びるような感じではなくちゃきちゃきと手慣れた接客。それでも、どことなくしなやかさがあるのは豚星に通いたくなるポイントかな。

列車をイメージした内装で、店の幅もちょうど鉄道車両の車幅と同じくらい。網棚に荷物を載せたりとコンパクトな店内を楽しく過ごす工夫がされています。

 

dsc04506

19時までの来店で、なんと1Lある筋トレサイズの麦とホップが550円で用意されていて、早い時間はこれ目当ての方が多い。残したりシェア禁止と書かれていますが、麦ホ1Lはビール系が好きな人にはあっという間でしょう。

私は変わらぬ美味しさ、いつもの赤星(中瓶600円)でスタートです。では乾杯!

 

dsc04509

ちなみに店名は「ぶたむすめ」ではなく「とんこ」です。カウンターが昭和の台所風の白タイルだったり、メニューのデザインも含め全体的に可愛らしい。そんなこともあって、新橋の串焼き系立ち呑みの中では特に女性の比率が高いように思えます。入りやすいですもんね。

 

dsc04508

豚に真珠というユニークな名前は、豚のつくねに半熟卵をかけたもの。定番料理で毎回食べに来る近隣のサラリーマンも多い。私は串おまかせ5本(650円)をいつもチョイス。一人飲みのときはカウンターになるので目の前の焼台でリズミカルに焼き上げる串を眺めながらでお酒が進みます。おすすめの部位はタン。もちっとした食感で噛みごたえたっぷり、噛むほどに肉汁がでてきます。

 

dsc04512

カワは鶏皮ではなく、豚の皮。沖縄料理では定番ですが、焼とんを含め東京ではなかなか食べることのない部位。コラーゲンの塊で、ねちねちと噛むのですが、豚のぐっと個性的な味が脂とともにでてきます。今日はこってりしたものをつまみにするぞ!というときにどうぞ。

ほか、ハツとレバーの間の部位「チレ」が好きという常連さんも多い。豚のホルモンは好みが別れるとよくいいますが、ここを見ている限りみんな個性的な味でも大好きという方ばかりのよう。ぐいっとホッピーを飲むと、昔ながら大衆の味だと感じます。

 

dsc04514

塩ベースのもつ煮込み。これは小サイズ(400円)。シロやハツなど様々な部位が入っていて、これまた豚の濃厚な味で、体中に力がみなぎるような気分。余韻にぐいっとビールがいいけれど、しゅわっとしたレモンサワーも合いそうです。

 

dsc04517

豚娘にもバカルディラムをつかったラムハイが入っていますが、ここのはすごい酔う!というのも、もともとバカルディの比率がバカルディ社のレシピよりもそうとう濃く、さらにはマドラー風に見えるスティックは実はストローで、これをストローで飲んでね、というスタイルなんです。

これは効きます。お酒が効かないなんていう戯言をいう知り合いが居ましたら、これに挑戦してもらいましょう(笑)

 

dsc04516

こじんまりと可愛くまとまった店内。お姉さんたちの接客はがんがん大衆酒場風ですが、女性のお一人様も入りやすい雰囲気だと思います。酒場入門、立ち飲みお一人様デビューには豚星はぴったりのお店ではないでしょうか。

もつ焼き屋慣れしている方も、一度はめためたなラムハイと串数本をつまんで千円ちょっとの寄り道されてみてもいいかもしれません。

さぁ、エンジンがまわってきました!次へはしごしましょう。ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

豚娘
03-3508-1122
東京都港区新橋2-9-17
16:00~23:30(祝15:00から・日定休)
予算1,800円



“新橋「豚娘」 創業45年の老舗焼鳥が始めた可愛い系焼とん立ち飲み” への1件のコメント

  1. 小林美咲 より:

    昨日久しぶりに新橋で呑んでおりました!
    こちらのお店行けばよかったです、、!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«