町田「晩杯屋町田店」 さくっと立ち飲み!使い勝手の良い人気店


dsc04557

晩杯屋が東京山手を中心に続々と店数を増やしています。武蔵小山の闇市の名残がある細い路地で始まった激安立ち飲み、いまや東京の酒場を語る上で外すことの出来ない存在です。数を増やしても、個人酒場の延長として武蔵小山や大井町にしかなかったあの頃をどうか忘れずに展開して欲しいと願っています。

最南端・最西端のお店が町田にあります。小田急線の町田駅北口から線路沿いに東へ進むと、駅周辺とはまた違った飲み屋街が広がっています。町田の飲み屋街は駅の中心から微妙に離れてぽつりぽつりとある印象。それでも、どのお店もなかなかの賑わいで街を歩いていて楽しい。

晩杯屋町田店は踏切の近く。電車の音をBGMに飲める立ち飲みは、いかにも大衆的な感じで心地いいです。

 

dsc04558

オープンから少し経過しましたが、今でもドリンク250円、おつまみ110円からでお通しなしという激安スタイルは町田で旋風を巻き起こしています。

 

dsc04567

飲み物メニューは他店と同様、キリン一番搾りを筆頭とした定番揃い。晩杯屋が広がると、それに合わせて「ハイスキー」や「ホイス」「天羽の梅」の飲める最西端が動きます。東京下町の知る人ぞ知る謎割材、どこまで広がる?

 

dsc04562

甲類の宝焼酎25や、おもなチューハイ類のベース焼酎は宝酒造のもの。立ち飲みだからって超コスト重視焼酎ではなく、ちゃんとブランドものです。(甲類にブランドを語るとか、って笑わないで。お酒はなんでも気持ちが大事。)

これは、同社の下町ハイボールをイメージして作られたフレーバー入り甲類「ゴールデン焼酎」でつくる、ゴールデンハイボール(250円)です。それでは乾杯!

甘くないけど、どこか懐かしい風味。何故か不思議とリピートしちゃう味。

 

dsc04564

フードメニューも他店と基本は同じ。アジフライとコロッケを1個ずつのせた通称アジコロ(180円)が人気です。季節に応じて旬のものが入ってくるので、いまは新サンマ。冬は牡蠣酢が、夏はホヤがでてきます。

 

dsc04571

まぐろ刺しはいつも食べていますので、今回は珍しい「ヤリイカ刺し」を食べてみることに。めんつゆに鰹節、生姜を薬味に食べるもので、柔らかくぷりっと甘いイカがたっぷり登場。これ美味しい、定番にならないかなー。

 

dsc04577

最近いつも頼むのが冷やしトマト(150円)。仕入れのよって大きさが左右されますが、立ち飲みとはいえ、飲み屋で1個150円は安い。日頃不足している野菜をこれでしっかり摂取。

 

dsc04581

生ビール用のディスペンサーのひとつにハードシードルの樽がつながっていまして、290円でたっぷりでてくるがぶ飲みシードル。キリンビールのシードルですので、しっかりとしたビストロでも使われているもの。2016年夏にリニューアルして、果汁比率があがり、より甘酸っぱく爽快な味になりました。

 

dsc04587

林檎を醸造してシードルを生み出したフランス・ノルマンディーの人がどう思うか考えると夜も眠れませんが、シードルには鯖が合います。鯖の旨味を楽しんだあとに、ぐいぐいとシードルを飲めばあれ不思議、後味スッキリ。また鯖が食べたくなる。

 

dsc04585

晩杯屋でサワーが飲みたいときに頼む「グレープフルーツ」は、珍しいルビー(レッドブラッシュ)のグレープフルーツサワーです。かなり甘さ控えめで、酸っぱいグレープフルーツをそのまま食べたときの味に近いです。アルコール感がどこかへ消えてしまうので飲みすぎると脚にきます。立ち飲みなのでご用心。

 

dsc04584

粗挽きソーセージが250円と地味に高いので気になっていましたが、結構な大きさで納得。濃い味でお酒が進みます。

 

dsc04574

アジフライは2つで180円。ときどき驚くほど大きいものがありますが、サイズが一定ではないのが晩杯屋。今日の”あたり”はなんだろうと、周りを見渡すのも大事です。このアジフライは残念ながら小さいほうでした。それでも180円だから全然高くは感じないのですが。

 

dsc04582

消息筋によると晩杯屋で一番人気の緑茶割り。アルコール度数9%の寿司屋のお茶割りに似た抹茶でつくられた酎ハイです。日本酒を飲むほどがっつりはいかないけれど、ホッピー以外の酎ハイ類でお刺身や焼き魚が食べたいときに最適。

 

早い時間から賑わう晩杯屋町田店。東京の都心部ではひとどおり酒場好きの間では行き渡った感がありますが、町田ではまだまだ注目の一軒です。若い人が多く2人・3人でふらりと立ち寄ってせんべろを楽しむ姿は、新たな酒場文化が形成されているような気がして嬉しくなります。

土日祝日は貴重な町田昼酒スポットです。

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

晩杯屋 町田店
042-785-5839
東京都町田市中町1-16-14 1F
15:00~24:00([土・日・祝] 13:00~24:00・基本無休)
予算1,300円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«