新幹線に乗って青函へ飲みに行こう!時速320キロで走る飲み放題


DSC09608

北海道新幹線開業に合わせた大型観光宣伝「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)」が7月1日スタート。JRグループと青森県、県内自治体、北海道南11市町などが連携した企画です。

東京の山手線から大阪環状線まで、電車内外など至るところでこの夏、青函推しがされています。

私も、青森・函館に一足お先に「お酒」と「酒場」という視点から魅力を発信しようと飲みに行ってきましたが、その際の道中もずっとやりたかったことに挑戦しましたので、その様子をご紹介します。

新幹線で飲もう企画、時速320キロで走る日本最速の新幹線「はやぶさ」のグランクラスで飲み続けようというもの。また変なことしている…というツッコミをいただきそう(笑)

 

東京・新青森は2時間59分

東京から新青森まで最短2時間59分。新幹線が函館まで開通したというニュースでこの春話題になりましたが、実は青森までもだいぶ早く行けるんです。3時間くらいということは、東京・新神戸くらいの時間でしょうか。便利になったものです。3時間くらいなら飲んで食べてしていればあっという間です。

 

グランクラスは飲み放題

私は「飲み鉄」です。鉄道ファンにもさまざまなタイプがいますが列車で飲むのが好きな人も、いまや立派な1ジャンル!

実はグランクラスはお酒が飲み放題ということを皆さんご存知でしょうか。飲み鉄の間では有名なのですが、お酒好きは鉄道は趣味の外でしょうし、鉄道好きは酒場よりも電車に乗りたいでしょうから、まだまだ知名度は低いように思えます。ビールも日本酒もワインも、追加料金なしで飲めちゃうんですよ。

今回は、そんな「飲み鉄」憧れの最高級クラスの車両で飲み続ける様子をご紹介いたします。

 

DSC09615

東京駅の東北新幹線ホームは青函一色

青函トンネルで今年新幹線で一本となった北海道・函館。青森も含めて、みどころいっぱいの地域です。定番の青森・函館の飲み屋巡りをしてきましたが、弘前や五所川原、五稜郭など二度目、三度目で遊びに行きたい場所も多そう。

 

DSC09610

東北新幹線の「はやぶさ」号は途中、岩手県の盛岡駅までは秋田新幹線「こまち」と連結して走ります。グランクラスは青森方先頭車なのですが、こまちが連結している間はホームの真ん中くらいになるので改札からすぐ乗れます。

 

DSC09613

グランクラスはグリーン車のさらに上のクラス。飛行機のファーストクラスのような位置づけで、長距離走る「はやぶさ」や北陸新幹線の「かがやき」などに主に設定されています。

 

DSC09619

座席は2列シートと1列シートの横3席という贅沢な作り。新幹線のグリーン車が2列・2列という配置なので、それよりもさらに余裕のある空間が用意されています。

 

DSC09624

総革張りで電動リクライニング、電動レッグレスト、可動式枕など、普通の鉄道の椅子にはない設備がふんだんに採用されています。おもいっきり傾けてレッグレストを最大まで上げると、まるでベッドのごとく傾けられます。

 

DSC09622

グランクラスは専門のアテンダントがサービスする列車と、座席だけの列車(アテンダントが乗務していない列車は飲み放題がありません)があり値段も違います。はやぶさはフルサービスなので、こんなメニューも出てきます。

軽食は和食と洋食どちらか選べて、これもグランクラスの新幹線特急券内に含まれているサービス。お弁当やおつまみの持参は不要なのです。

 

DSC09623

飲み物はおかわり自由。これですよ、これ!ビール、ワイン、日本酒、そしてスパークリングまで。

 

DSC09626

さすがに生ビールとまではいきませんが、北海道へ渡る旅の気分を盛り上げてくれるサッポロクラシックが用意されています。何度もいいますが、これ、特急券に含まれているんです。常識的な量で何杯飲んでもOK。

では乾杯!

 

DSC09629

軽食は和食をいただきました。沿線ゆかりの食材を使用している軽食は、和食の場合は上りと下りで内容がかわるというこだわり。ごはんがちょこっとついていますが、おかずが多いのでおつまみとしても役立ちます。

 

DSC09637

グラスにもグランクラスのロゴが入った特別仕様。ビールはこれで4杯目。まだ郡山付近なので、結構いいペース。缶ビールはクラシックの他にサントリー ザ・プレミアム・モルツも用意があります。

 

DSC09633

ビールからワインへ。アテンダントさんがすかさず、「おつまみはいかがですか?」と声をかけてくれました。

 

DSC09636

白ワインを飲みながら、景色はものすごい勢いで流れていきます。もうすぐ仙台かな。時速は320キロ。世界最速の「飲み放題」を楽しみます。

 

DSC09631

スパークリングは、今回は青森県産のシードルでした。甘さ控えめでビールを飲んだ後の口にすっきりとした味が心地いい。なみなみに注いでもこぼれないのはさすがです。それにしても車内は本当に静か。缶ビールを開ける際の「ぷしゅっ」という音が響くのが、ややうしろめたい。

 

DSC09638

約3時間で新青森駅へと到着しました。感覚的にはあっという間。もう少し乗っていたかったと思えるほど快適です。飲み放題だと、そろそろラストオーダーですと言われて、延長したくなるあの感覚。グランクラスのアテンダントさん、何度も繰り返しての「おかわり」にも笑顔を絶やさず対応していただき、ありがとうございました。

 

DSC09643

新青森から青森駅までは在来線の奥羽本線で一駅・数分の距離。あっという間に街の中心・青森駅に到着です。昔ははるか本州最北端と思っていましたが、便利になったものです。

青函DCにあわせて青森・函館は様々な企画が行われているようです。この夏、涼しくて美味しいものがいっぱいの青函エリアへ飲みに行くのもおすすめです。いい酒場、いっぱいみつけていますので、青森・函館へ行く際は、Syupoの同エリアの情報をぜひご覧ください。

 

aomori

hakodate

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ Special Thanks/青函DC)

top_meguru
「ひと旅 ふた旅、めぐる旅。青森⇔函館」

 



“新幹線に乗って青函へ飲みに行こう!時速320キロで走る飲み放題” への3件のフィードバック

  1. とむ より:

    「飲み鉄」という言葉…
    はじめて知りました。
    確かに、楽しいですよね♪

    自分は、自由席にお弁当とお酒を持ち込むタイプですが、ご当地の食材を選ぶワクワク感が大好きです。

    いつかは、グランクラスも…
    経験してみたいなぁ、なんて夢見てます♪
    楽しいお話し、ありがとうございました。
    ( ・∇・)

    • 塩見 なゆ より:

      自由席もいいですよね!先日、博多から帰りの新幹線は始発駅だからと自由席で、まさにお弁当と日本酒で4時間酒盛りして帰りました(笑)

  2. くう より:

    私は轍ですが、この記事を読んでノンジャンル鉄だと思っていましたが呑み鉄だと認識しました。
    また上級クラスで味わう高度10000mの銘酒も大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«