新富町「タクマ」 楽しんだもん勝ち!弁当屋で飲むという選択


DSC01113

本日は自宅付近の定期パトロール。築地に住むと、電車でわざわざ飲みに行かなくとも多様な選択肢があるので、酒場探求は卒業…いやいや、冗談です。

新富町、築地界隈は個性的な酒場はあまりないと思われがちですが、そんなことはない。どんな地域にも、人が集まる場所にはひとつやふたつ珍酒場があるというものです。今回ご紹介するお店は特に「尖っている」系のお店です。万人受けとはいえませんが、その手のB級スポット好きにはたまらない空間だと思います。

新富町「タクマ」は、お昼は近隣のビジネスマン向けのお弁当屋さん。築地、東銀座はこういったお弁当屋さんが多い。でも、タクマはなんと夜は立ち飲み(立ち飲みではない)として営業しちゃうんです。

個性的で人懐っこいマスターが営む珍酒場をちょっとだけ覗いてみませんか?

 

DSC01109

お弁当売り場の奥にちょっとしたイートインがあり、お昼はお弁当が食べられるのですが、ここは夜は立ち飲み(立ち飲みではない)スペースとなります。イートインといえば今風ですが、要は倉庫というかなんというか(笑)

立ち飲みと書かれていますが、椅子があって立って飲んでいると「座りなさいって」と言われる不思議な世界。基本はセットメニューを頼んでからの追加で単品を頼む流れです。晩酌セット500円、お通しなどはもちろんなく、500円だけで利用可能。私もコイン一枚握りしめてよく遊びに行っています。

 

DSC01112

飲み物は冷蔵庫に入っているので好きな銘柄を選びましょう。500mlのロング缶ビールとおつまみ2品ついて500円とメニューには書いていますが、ビールは選べませんので念のため。とはいえ、昨今新ジャンルもだいぶビールのような完成度ですし、楽しんだもん勝ちということで。

 

DSC01111

おつまみ2品も自分で選びます。冷蔵ショーケースに入った小鉢やかまぼこ、冷やしトマトなどがそれ。ワンコインで2品と新ジャンルがついているのだから、なかなかのコスパでしょう?珍酒場という空間がなによりのおつまみですしね。

 

DSC01105

おつまみ2品と書いていますが、+50円でお弁当のおかずだけをおつまみとして選ぶ裏メニューあり。唐揚げ弁当やチンジャオロースなど、お昼のお弁当用のおかずで飲む、これぞ弁当屋飲みの姿でしょう。メンチカツを選びましたがボリューム満点。

 

DSC01106

蛍光灯の下、手作り感で満ち溢れたイートインで新ジャンルを片手にお弁当のご飯なし。ここは本当に新富町なのか?パラレルワールドに迷い込んでしまったのでは?

まぁ、いいや、麦とホップで今宵も乾杯です!

 

DSC01108

ちょいちょいと声をかけてくるマスターは、いい感じのおじさんで、会話が微妙に噛み合わないことを含めて、ここのマスコットだと思います。(褒め言葉としていい意味で)

統一感のない店の雰囲気、あふれんばかりのB級感が謎の落ち着きを醸し出しています。

 

DSC01115

不思議すぎるお弁当飲みですが、常連さんが多く、いつもコアタイムは満員になるほどの賑わいです。界隈に勤める会社員が駄菓子屋感覚でワンコイン飲みを楽しんでいく姿は、外飲みという遊びを自分たちなりに工夫して楽しんでいるように思えます。楽しんだもん勝ちだね!

ごちそうさま。

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

セレクトショップ タクマ
03-3542-8484
東京都中央区築地2-7-8
16:00~22:00(弁当販売はお昼から・土日定休)
予算1,000円(500円くらい)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«