岩本町「あそび割烹 さん葉か」 洒落すぎていない、それがイイ!気鋭の銘割烹誕生


DSC09062

角打ち・立ち飲み、中華や食堂、大衆酒場に料理屋、さらにはバルにオーベルジュなど、お酒を飲む場所、飲食店といっても様々なジャンルがあります。皆さんはどんなタイプがお好きですか?私はお酒がある場所は全方位が領域というか、大好きなのであらゆるシーンでお酒と戯れています(笑)

大衆酒場が好きですが、ときには割烹で飲みたくなることもあります。上司や取引先、デートなんかで最初からド大衆とはいけませんから…ね。それに、たまには本当に心からぐっと感じる美酒美食を楽しみたいじゃないですか。最近飲みに行った割烹の中でとくにオススメしたいのがここ「あそび割烹さん葉か」です。都営新宿線岩本町駅やJR浅草橋から徒歩数分の場所にある知る人ぞ知るという割烹なのですが、すでに予約がいっぱいでなかなか入れないお店となりつつあります。

三人の友だちが、いつか自分の店を作ろうと約束をし、それぞれが修行したのちに開店させたというところから「さん葉か」という名に。人気店で腕をふるっていた料理長はじめ飲食の道を極めた三人がつくる味、空間、雰囲気はどれも素晴らしい。

 

DSC09067

コの字カウンターが特等席。お客さんの目線に近い高さにまな板があり、まるでそこは舞台のよう。窓も大きく開放感がありますが、席数は少なめでやはり知る人ぞ知るという雰囲気があります。

 

DSC09074

料理は2,500円のおまかせ酒肴コースと、おまかせ料理コース(5,000円)の二種類だけで、最初にコースをいただいたあとに、もう少し食べたければ追加もできるというもの。割烹は料理の出てくる順番も含めてが演出ですし、何がでてくるのかを食材を眺めつつ期待している時間が楽しい。

今回は酒肴コースで、まずは先付として3種。料理は日々の移ろいに合わせて変化していくので、何が登場するかはおたのしみ。乾杯はサッポロヱビス(550円)で。ちなみに瓶ビールは嬉しい赤星です。それでは乾杯。

 

DSC09078

魚介類はおもに長崎の漁港から取り寄せたもので、実によい食材を使っています。鮮度だけでなく、程よく置いて旨味がぐっと強くなった頃合いをだすなど、高級な割烹、料理屋で食べるのが好きな人にも自信をもっておすすめできる内容になっています。松皮造りはもちろんのこと、技が随所にありそれを感じ味わうのは、あそびと付いているとはいえ、割烹ならでは。

 

DSC09079

長崎は牡蠣の産地。タイミングにもよりますが、取材時には握りこぶしサイズの大変大きな有明湾産の牡蠣がでてきました。焼くか生で食べるかはお好みで。

 

DSC09086

牡蠣はビールや福久泉などと合わせてももちろん美味しいですが、村上春樹さんの作品にあるようなスコッチとのマリアージュもいいものです。例えばデュワーズホワイトラベルのハイボール(550円)を牡蠣の余韻が残るところにくいっと。

 

DSC09088

いやいや、牡蠣には白ワインが鉄板。という気持ちもありまして、せっかくなので白ワインで北海道ケルナーとも合わせてみましょう。

牡蠣を食べる前に飲んだワインの味と、牡蠣の風味が口に残った状態で飲むワイン、余韻にかなりの違いがあり、これが絶妙なハーモニー。

 

DSC09092

割烹ですので日本酒が多いのはもちろんですが、グラスワインは500円から、ボトルワインも3千円台で用意されているので、せっかくなら私はワインとの合わせを楽しみたい。だって「あそび割烹」なのですから。

 

DSC09095

少しずつ色々なものを味わえる、しかもどのお料理もバランスが良く、お酒との相性も抜群。

 

DSC09097

酒肴コースなので、小鉢が続きますが、このあたりもその日の状況で変わってくるそうです。料理コースだと最後に土鍋でたいた鯛めしがでるなど、梯子酒をしないと決めた日にはぜひ改めて食べに来たい。

 

DSC09100

イノシシや鹿などのジビエも対馬など長崎から届く新鮮なものを使っていて、魚介や上品な和食を楽しんだ後に、どっとインパクトの強い肉料理がでてくるのもこちらのポイント。あまりイノシシを食べる機会は多くありませんが、濃厚な味ながら後味は意外なほどすっきり、先付から最後まで、飽きることなく心地の良い飲みが楽しめます。

 

DSC09083

こだわりの食材をしっかりとした技で提供し、接客もとても素晴らしい「さん葉か」ですが、酒肴コースならばお酒の値段を含めても5,000円に届かないくらいと、割烹として考えればたいへんうれしい価格設定です。大衆割烹よりもひとつ上で、ハレの日専用な割烹よりは日常に近い。今までありそうでなかった、実はずっと欲しかったタイプのお店。すでに満席の日が続いているようですが、ますます人気になっていくことは間違いないでしょう。

飲んだあと、お店を後にするときに清々しい気分になれた、とっても素敵な時間でした。あまり「コスパ」というキーワードは使なないのですが、良コスパ割烹なんていう呼び方をしてみようかな。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/サッポロビール株式会社)

あそび割烹 さん葉か
03-3865-7575
東京都千代田区東神田2-6-2 タカラビル 2F
17:30~23:00(日定休)
予算4,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«