桜木町「まるう商店さん」 驚き!朝獲れ三浦鮮魚のどっさり盛りを食べてみよう


DSC08463

今日は神奈川県横浜市の京急線日ノ出町駅からスタートです。ここからJR桜木町駅までの間は、住所表示としては宮川町や花咲町などわかれていますが、中心にある野毛町を含めてひとくくりに「野毛」と呼ぶ巨大な繁華街が広がっています。

桜木町駅が東急東横線の終着駅だった時代から大いに栄え、その後東横線の横浜、桜木町間の廃止後は少し人通りは減ったものの、逆にそれがニッチな飲み屋街として有名になり、いまではたくさんの酒場好きが聖地として崇める場所へと変貌しました。

新宿歌舞伎町や池袋のようなギラギラとした雰囲気ではなく、どこか場末感の漂う昭和の酒場が多く、それが好きで集まる人も多いです。そして、昨今の大衆酒場ブームの波もあって、いま野毛は新進気鋭のすごいお店が続々と登場しています。衰退と繁栄を繰り返す野毛の今を見ていきたいと思います。

いま、一番パワフルなのはやはりここ「まるう商店さん」ではないでしょうか。

 

DSC08451

もともと高島の方にあった人気の海鮮酒場「○う商店」の支店で、本店は漁師小屋のような開放感たっぷりの店でしたが、こちらは市場食堂のような造り。落ち着いて飲むならばこちらのほうがいいかも。

掘りごたつもあり、グループのお客さんがほとんど。料理のボリュームがすごいお店なので数人で飲みに行くタイプのお店です。

 

DSC08443

口開けと同時に訪問。さてさて、まずはビールで喉を潤しましょう。これはまたキレイな黒ラベルですね。泡もきめ細やかです。それでは乾杯!

うん、よく冷えているしガス圧もばっちり。くいーっと飲んでしっかり麦芽の香りです。

 

DSC08444

ではメニューを見てみましょう。中ジョッキ550円、瓶ビールは大びん赤星で680円。日本酒は定番が宝松竹梅、スパークリングで澪、地酒は神奈川のものが中心でいづみ橋など。酎ハイ類は350円から。がやがや系酒場では標準的な価格設定かな。

 

DSC08447

まるう商店さんは魚屋の直営で、漁港で直接入札してもってくるという仕組み。小さな漁港をいくつも巡っているので様々なネタが日替わりではいっています。

 

DSC08446

サラダ、小鉢類は500円前後です。炙り新たけのこなど旬の食材がグランドメニュー的な場所にもぽつぽつとあり、すべてが日替わりのオススメメニューという構成です。カワハギの肝和えなんてあったんだ!いま記事を書きながら気づきました。むー、食べたかった。これから行っちゃおうかな(笑)

 

DSC08449

今の季節ならば、これは絶対食べないと!解禁になりましたシラス漁。相模湾の恩恵がぎゅっと集まった佐島朝どれの生しらす(600円)です。ぷりっぷり、鮮度抜群で苦味と豊かな風味、生姜醤油をちょっとつけてつるつると食べれば幸せいっぱいになります。

 

DSC08453

そうこうしているとなにか巨大な料理が運ばれてきました。ドーンと登場、名物の三浦地魚どっさり盛り(1,980円)です。みてください、このボリューム、切り身は厚くエッジがしっかりたち、鯛や鯵はもちもち、ぷりぷり。種類もとにかく多く、三浦半島の海鮮がここに集まったといえる一品。

太刀魚、カサゴ、ウスバハギ、もう江ノ島水族館でみるような魚がずらりと。どれも鮮度抜群、お酒が進むこと間違いなし。なのですが、二人だと結構お腹がいっぱいになります。

 

DSC08457

生ビール2杯のあは、そろそろペースダウンも考えて瓶ビールへ。瓶だとゆっくり飲んでいてもぬるくなりにくいからいいですよね。日本最古の銘柄、加熱処理されている数少ないビールです。

 

DSC08458

もちろん、こんなにお刺身があったら日本酒も欲しくなるに決まっています。相模灘の純米を。丹沢山系の水でつくるお酒と、その水が流れこむ相模湾の魚、当たり前の組み合わせっていいものです。

 

DSC08459

最後は生レモンサワーですっきりと。日本酒を飲んだ後、口をすっきりさせるには甘くないレモンサワーが向いていると思います。やわらぎ水代わりのチューハイを推奨したい!(笑)

 

DSC08461

伊勢海老やサザエなどがはいった生簀があり、魚介類も朝どれなので鮮度のよさはばっちり。

お店の雰囲気はBGMや店員さんの勢いある声が飛び交っているので、静かにしっぽり飲むというよりは海の家風のワイワイ系酒場です。賑やかにグループで盛り上がりたいというときにオススメです。友人と飲み歩くのに渋い酒場だと場違いだし、チェーン酒場だといつもと同じだから、ちょっと違った場所で飲んでみたい!なんてときにぴったりです。

美味しい魚をたっぷり食べて盛り上がろう!

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

まるう商店さん
045-326-6533
神奈川県横浜市中区宮川町2-49-2
17:00~24:00
予算2,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«