浅草橋「西口やきとん やや東口店」 あまたの酒場通を唸らせた名店に新店舗


DSC08500

東京の酒場の話をするときに、必ず話題になるのが「豚もつ焼き」です。ひらがなで「やきとり」と書くのも、「やきとん」と書くのも同じで、東京の酒場文化のひとつです。関西の串かつのような存在。

だから東京にはもつ焼きの名店と言われているお店が酒場街を中心に何軒もあり、連日大変な賑わいになっています。そんな名物もつ焼き店のひとつが浅草橋にある「西口やきとん」です。1973年、浅草橋駅西口の国鉄総武線の高架下にオープンしたのが始まり。

店名の由来はそのまんま、浅草橋駅西口のすぐ横にあるから「西口やきとん」でした。2003年、西口から少しだけ離れた路地に移転しましたが、それでも昔からの賑わいはそのままで、夜な夜な常連さんから一見さんまで老若男女が楽しく飲む酒場です。

そんな西口やきとんが2016年5月6日、なんと同じ浅草橋駅の東口近くにオープン!西口やきとんの東口店だから、西口やきとん”やや”東口店という名前。「やや」とついていますが、西口から西口やきとんまでよりも距離が短い。この不思議なネーミング、結構いいかも。

 

DSC08488

オープン初日の今日、開店の17時にあわせて早速飲んできました。店内は本店よりもコンパクトで、20人くらいの大きさです。一番奥が焼台で、本店同様炭火焼き。簡単な厨房があり、本店の人気メニューはひと通り揃っています。

人気の飲み物も変わらず「ボール」の愛称で親しまれているレモンハイボールです。値段は小が300円、大で450円。私はもちろん大で!喉が渇いたー、それでは乾杯!

酸味はさほど強くなく、独特なすっきりとしたレモン風味とさわやかな余韻。レシピは内緒で、予め樽で作られた状態でニットクのチューハイディスペンサーから注がれます。ガス圧のニットク、強炭酸がいい仕事しています。

ちなみに氷なしにすることもできますが、開店直後ということもあり、冷えを重視して今回は氷ありをチョイス。

 

DSC08485

ビールはアサヒスーパードライ、生ビールのメガは嬉しい1Lジョッキです。瓶ビール大びん(500円)も置いています。日本酒、焼酎、ワインにどありますが、冬場のお燗酒・お湯割りのニーズ以外は基本チューハイが定番ドリンクです。ボールのほか、バイスやトマトハイをリピートする常連さんもいらっしゃいます。

そうそう、甲類は珍しい水戸の明利酒類の「スーパーめいり」が使われているというのは豆知識に。

 

DSC08491

フードは100円・200円が基本。ハツ、ガツ、カシラ、ナンコツ、豚バラ、ネギ間、タンなど定番串はどれも100円です。注文を受けてから焼き始めるので少し時間がかかりますが、ほくほく焼きたて鮮度も良いのでつい食べ過ぎてしまいます。

そしてなんといっても皿なんこつ(200円・通称コツ皿)は絶対食べておきたい逸品です。高圧の鍋でとろけるまで煮込んだ豚のなんこつで、甘辛く煮こまれていて、とろとろのナンコツと合わせてクセになる味です。

これにバケット串をあわせて、パンの上に載せてオシャンティに食べるのもイイ。

 

DSC08498

ボールから次は生ビールへ。西口やきとんにきたら、やっぱりスーパードライをぐいっと飲まなくちゃ。西口やきとんの濃い味豚もつ料理にキレのあるスーパードライ。鉄板の組み合わせです。

 

DSC08496

きゅうりなど小鉢は100円。箸休めにちょうどいい、しっかり漬かったてろてろな漬ものです。

 

DSC08497

通な味を選ぶこともできますが、私はやっぱりここのタレが好き。さらっとしたもので、絡みつくそれとは違うのですが、十分に味がついているので、このくらいのバランスがお肉本来の肉汁の旨味などが感じられてちょうどいい。

 

DSC08494

18時ごろには満員御礼状態になってきました。混んでくると常連さんが場所を空けるかのようにお会計をして立ち去るのですが、その姿がとても素晴らしい。お店の方とファンの間の関係がこんなにしっかりしているお店はなかなかありません。店主さんの雰囲気にあわせてお客さんがつく。社長の人柄がこの空間を作っているんだと思います。

名酒場の新店、きっと末永く続くご繁盛店になるはず。西口やきとんの本店のムードが初日から感じられたのが嬉しかったです。

オープンおめでとうございます。ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

西口やきとん やや東口店
03-5829-9115
東京都台東区浅草橋1-10-9
17:00~(日・祝定休/暫定)
予算1,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«