サッポロ「ヱビスマイスター」 ふくよかな薫りと研ぎ澄まされたコク


DSC06788

サッポロビールは2016年5月17日より、同社のラグジュアリーブランドに新たな商品「ヱビス マイスター」を追加します。サッポロビールといえば、なによりもベースとして黒ラベルがありますが、元祖プレミアムビールのヱビスをはじめ、エーデルピルスや白穂乃香、琥珀ヱビスなど様々なラグジュアリーブランドを製造・販売しています。

プレスリリースによると、昨今の少し高くてもいいものを、メリハリをきかせた消費が好まれていることから、ヱビスビールをもう一段階磨き上げたものとして、社内の本社・工場の総勢50名の技術者が生み出した「匠の逸品」という位置づけで作られたもの。

ドイツバイエルン産のハラタウトラディション種ホップを使うのは従来のヱビス同様ながら、ペレット化せずに真空保存した香り高いホップを一部使用することでより香り高いものに仕上げているとのこと。

 

DSC06791

例によって、一足お先に試飲品をいただいたので、早速飲んでみることに。いつもながら、全国のサッポロビール・ヱビスビールファンの皆さま、ごめんなさい。

注いだ泡の立ち具合、色味は従来のヱビスと変わりなし。ただ香りが素晴らしい。注ぐだけでとても若々しく爽やか、それでいてしっかりと厚みのある植物の力を感じます。通常のヱビスとの違いはまず注いだときにあり。

実は今年に入って通常のヱビスビールもリニューアルされ、文字が白からダークブラウンへかわるなど、目に見える違いもありました。そのときに味の方向性が変わったという声はヱビスファンの間からよく聞かれていました。

通常のヱビスはいままで以上に飽きのこない、深みのある味わいはそのままに余韻が甘く変わったように思えましたが、この「ヱビスマイスター」は、以前のヱビスの方向性をベースに、より薫り、旨味を濃厚にしたように感じます。

季節商品の投入が多い昨今のヱビスですが、本商品は通年ビール。もしかしたら今後、生樽も期待できるかも?

他社のプレミアムビールのクラフト的味わいと違う、サッポロらしい王道路線を突き進んだ味のヱビスマイスター、ぜひお試しあれ。

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/サッポロビール株式会社)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«