自由が丘「ほさかや」 お洒落になる以前からここにある。名門コの字で浸る


DSC07008

学生時代、東急大井町線で通学していました。あのころから酒場が好きでしたが、まだまだ未熟で一人で入ろうにも敷居が高く感じて躊躇するお店が大井町線沿線にはたくさんありました。いつか、酒場で一人飲みできるような大人になりたい。当時の私はそんなことを考えながら、自由が丘の街を歩いていたものです。

夢は叶い…といいますか、叶いすぎて酒場に浸る毎日になったわけですが、当時の憧れだった自由が丘の酒場は今でもちょっぴり敷居を感じます。

ケーキ屋やアパレル店が立ち並びとてもお洒落な自由が丘でも、この一角だけは人世の先輩が一人杯を傾ける酒場が特異点的に集まっています。この街がオシャレになるずっと以前からここにある名門酒場たち。今回はそんな中から昭和25年創業の「ほさかや」をご紹介します。

 

DSC07001

コの字カウンターだけの配置。昔から何も変わっていない使い込まれたカウンターは、ちょっとやそっとのコンセプト居酒屋ではつくれない生きた昭和がそこにあります。

うなぎの専門店で、入ってすぐのところに焼き台があり、3代目がもくもくと香ばしい煙をたててうなぎを焼いています。ランチタイムはうな重・うな丼を提供していますが、こちらの用途はほとんどの方が鰻串と焼酎・ビールという組み合わせ。

夕方4時半になると、お洒落な街なのにどこからともなく酒場が似合う老紳士が集まってきて、あっという間に満席になります。

最近は若い人も増えていますが、カウンターだけでおじさんたちが集まっている酒場はまだまだ敷居は高い。おかげで程よく硬派な雰囲気が漂い、昭和のカウンター酒場好きの心をくすぐります。

まずは瓶ビール(600円)から。キリンビールの大びんがよく似合う。昔ながらの冷蔵庫でギンギンに冷やされた瓶を傾け、トトトっと。

では乾杯!うん、美味しい。さて、何から始めましょう。

 

DSC07002

お通しででてくるキャベツの漬物はサービス。ぽりぽりとつまみながら、注文したうなぎが焼きあがるのを待ちます。一通り頼むのがおすすめ。からくり焼き(350円)、きも焼き(300円)、ひれ焼き(300円)、かしら焼き(300円)、塩焼き(350円)。

醤油強めで甘さ控えめのタレはとろみがあり、これがたっぷりと染み込んでいます。左手で串を持ち、右手にはビアタン。これを交互に口に運べば幸せいっぱいに。

うまき、うざく、うなとろなどのうなぎ系の小鉢料理(400円前後)は定番とは別におすすめボードに書かれています。ときどき書いてなくても注文したらでてきたことも。

 

 

DSC07003

日本酒は高清水。女将さんの足元にあるやかんで常にお燗でスタンバイされています。火を当ててるのではなく、謎の原理でいつもぬる燗のちょうどいい温度で燗されています。これを常連のおじさまたちが美味しそうに飲むんです。それを見ているだけでほっこりした気分になります。

さて、一番人気はなんといっても焼酎。店の看板にもある通り、昔からずっとキンミヤ焼酎です。正一合はいって400円。このまま飲んでもいいし、割ってもいい。

たっぷりあるので、一人1杯飲んだらなかなかの酔い具合。

 

DSC07004

私はいつもお茶で割ります。ほさかやでしか見たことがない謎の缶のお茶がキンミヤをまろやかに包みます。

 

DSC07006

塩焼きとからくり塩を。蒲焼きが1,300円でありますが、正身を食べるならばおすすめは塩焼きとからくり。焼き方や部位の違いを食べ比べられますし、すぐに出てくるので飲みの途中で追加しても手元が寂しくなりません。

まるでバターのようなとろっとした脂の旨味。そこにビジっと響く濃い目のキンミヤお茶割りをおいかけるように飲む。

 

DSC07007

大衆うなぎ店とはまさにここのこと。好きな鰻をあれこれ食べて飲んでもだいたい2千円台です。学生のころはここは年配飲兵衛率が100%でしたが、最近は客層も変わってきました。

先日ここで飲んでいたときは親子がやってきて、お父さんは鰻えり焼きで飲んで、息子さんは蒲焼きを食べている光景を見かけました。混んでいないときは、親子でさくっと食べていくのも素敵ですね。

自由が丘を代表するコの字カウンターは、お店の方も代替わりしてお客さんも代替わり、これからもずっと続いていくものと思います。素敵な空間がいつまでもありますように。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

ほさかや
03-3717-6538
東京都目黒区自由が丘1-11-5
16:30~21:00(不定休・だいたいやっています・ランチあり)
予算2,100円



“自由が丘「ほさかや」 お洒落になる以前からここにある。名門コの字で浸る” への3件のフィードバック

  1. 酒百徳 より:

    塩見ゆな様

    初めまして、いつもtwitterで愉しませて頂いております。
    私も地元の『ほさかや』を愛して25年の『おじさん』チームの者です(*^^*)

    ちょっと気付いたので 失礼致します。
    syupoの文中の『からくり焼』が途中から
    『くりから焼』になってます。

    折角なので 修正してやってくださいまし!
    (^人^)

    今後とも楽しみに拝読させて頂きます。
    失礼致しました。

  2. 酒百徳 より:

    大変な失礼を致しました。m(__)m
    お名前を間違えてしまいました。
    『なゆ』様でした。
    申し訳ありません。

    • 塩見 なゆ より:

      訂正情報ありがとうございます!とても助かります。
      からくり焼きとくりから焼き、お店ごとに違う呼び名もおもしろいですし、大切にしたいですね。
      これからもよろしお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«