木更津「煖」 使い方いろいろ地域密着・愛され酒場


DSC05001

全国飲食店巡り。今日は木更津にやってきました。東京湾横断道路「アクアライン」の開通によって東京駅から高速バスで約1時間で行くことができるようになり、気分は東京の隣町。しかもこのバスの本数が30分間隔と高速バスとは思えない高頻度運転をおこなっているので、時刻表いらずなのも嬉しい。木更津発東京行の最終は22時25分。十分すぎる滞在時間があるので、仕事等で木更津に行く方は飲んで帰らないともったいない。

アウトレットと潮干狩り、観光のイメージもありますが、新日鉄住金の君津製鐵所やプレイステーションシリーズを生み出してきたソニー木更津サイトなど大型事業所も多い。なので、東京都の往復する交通量も多く、そんな日帰り出張族&地元で働く人御用達の酒場も多いです。東京から1時間でいけるのに、雰囲気はまるで地方都市。そんなギャップもありつつ、この町の酒場は楽しい。

 

DSC05004

今回ご紹介する煖は、そんな木更津の飲み屋街を代表する一軒。駅周辺に2店舗、さらに同じ内房に1軒展開し、東京進出も狙ういま勢いのあるお店です。

飲み屋街は人が多いかというとそうでもないのですが、ビル二階店舗にもかかわらずここは平日真ん中の夜も満席状態。飛び込みで入った私、箱が大きいので一人くらい入れるはず…と思って暖簾をくぐりましたが、なんと満席。すごい、すごすぎる。

その後、無事にカウンター席に通していただき、それでは始めますか。

 

DSC05011

サッポロ黒ラベルの大生が999円。マースジョッキにたっぷり入った黒ラベル。乾いた喉が早く早くと呼びかけてきます。それでは乾杯!

うん、こちらの黒ラベルも状態バッチリ。一口目が美味しいと料理も期待しますよね。

 

DSC05010

お通しはブリのカマの部分を串にしたもの。おお、これはおもしろい。お通しから「うちの魚は美味しいです」アピール。これはやられちゃいます。

 

DSC05007

おつまみを見ていきましょう。勝山のしめ鯖、ひらめ、かんぱち、富津の白みる、天羽漁港(富津市)の全部盛り。ほら、やっぱり期待通り。房総半島だからこそ食べられる豊富な海の幸がいっぱい。これはたまりませんね。

 

DSC05022

鶏、豚、牛、肉料理もいろいろ。和喜多というのは四街道にある精肉・加工肉の卸会社の名前。千葉では結構有名です。

 

DSC05014

カウンターに座っているのでせっかくですから板長におすすめの刺身をきってもらうことに。ひらめの刺身とサシが美しい馬刺し。漁業と畜産業が強い千葉をくっつけた盛り合い。

活け〆のひらめのコリコリ感と噛むと広がる旨味の多さに感動。千葉は醤油の産地でもありますが、こちらのものはちょっと甘め。ヒゲタ醤油やキッコーマンなどの大手もありますが、地域ごとのローカルを感じる醤油の味の違いは遠方酒場めぐりのちょっとした楽しみ。

馬刺しもねっとりとした旨味、甘みがあり、ビールがぐんぐんと進みます。

 

DSC05032

チューハイを飲みながら情報交換。木更津の飲食店は一時期は東京側の吸引力で衰退したものの、いまは地元の食材やこだわりをしっかり出しているお店が逆に東京から人を集めているそうで、店によるものの元気だそう。

隣のお客さんは20代の女性2人。どうやらアウトレットで買い物をした帰りのようで、これから千葉市内まで電車で帰るみたい。

地方都市は駅前が衰退して国道やバイパス沿いのロードサイド型に賑わいが移ってしまうことは全国的な流れですが、こうして高速バスやJRといった公共交通が機能している地域はまだまだ駅前の酒場の必要性は多いのだと思います。

 

DSC05006

なつかしき青春時代高校コーナーと書かれたボードにたくさんのジャポニカ学習帳。周辺の高校の名前が書かれた日記帳には、訪れた人たちが母校のところにメッセージを書いていくというもの。リアルフェイスブックといったところ。

地元の人たちが地元で楽しめる酒場であり、そんな雰囲気を楽しみに遠方からの観光や仕事帰りに立ち寄る人も多いこちらのお店。木更津の街をただ歩いているだけでは感じられない土地がもつ個性を知ることができました。さぁ、終バスの時間です。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

木更津の煖
0438-97-7557
千葉県木更津市大和2-1-16 木更津アドレス 2F
17:00~25:00(無休)
予算2,800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«