上野「英鮨 上野店」 はしご酒の〆はここに決まり!肴も充実


DSC05379

飲んだあとには、カロリーを気にしつつも、わかっちゃいるけど「炭水化物」をつまみたい!

しっかりではなく軽くつまみつつ、はしご酒の〆を最後まで楽しく迎えたい、そんなとにきはお寿司屋さんが便利。できればおつまみが豊富で、寿司屋だけど居酒屋的な使い方をしばらく楽しんだ後に、最後の最後に軽く巻物をいただくなんていうのは最高ですね。

上野、御徒町界隈は居酒屋が多いので皆さんもはしご酒をするエリアだと思いますが、ここで〆のお寿司といえばここ英鮨はいかがでしょう。

築地、三崎から仕入れる食材を使う東京都内に十数店を展開する寿司屋です。カウンター中心の本格的なお寿司屋ですが、なにせつまみメニューの充実度は上野の寿司屋で一番かもしれません。

 

DSC05365

ビールはサッポロ黒ラベル。寿司屋のビールはジョッキではなくタンブラーが嬉しい。きれいなグラスに鮮度のいい黒ラベル、もうなにも言うまでもなく美味しいです。

 

DSC05376

乾杯!今日も美味しいビールが飲めることに感謝。目の前の冷蔵ショーケースを眺めながら飲んでいると、一杯目は簡単に飲み干してしまいます。黒ラベルは杯が乾くのが早いなぁ(笑)

お刺身は600円~、おつまみは焼き魚、煮魚、小鉢系まで種類豊富で、価格は千円を未満のものが多くて、海鮮居酒屋と同じような感覚で楽しめるのがここの良さ。人気の寿司屋なので食材の鮮度も良いですし、なによりカウンターで職人さんがつくってくださるのを見ながら飲めるのは幸せです。

 

DSC05371

光物刺身(850円)がこちら。アジ、いわし、さばの3種。盛り方も美しいし、なにより鮮度の良さがたまりません。ビールからお茶ハイ(400円)や日本酒(定番は沢の鶴350円)に移行しようか、それとももう一杯?

季節によって顔ぶれは大きく変わりますが、ふぐ白子焼き(1,200円)やキンメダイかぶと煮(1,500円)など食べたくなるもの多し。

 

DSC05375

最後に巻物を。軽く小肌がり巻をつまんで〆にするというのは粋かもしれませんね!すっきり満足、最後がお寿司ですと、今宵のはしこ酒も大変楽しゅうございました、なんていう気分になれます。

DSC05368

あ、まだ黒ラベル飲んでいる。このままだと終電が行ってしまいます!そう、この店なんと朝6時(30:00)まで営業しているんです。お昼から通しでやっているので変則的な時間帯でお酒を飲まれる方にとって楽園のような場所。

常連のお父さんたちの笑い声を聞きながら気づいたらこんな時間。

 

DSC05369

そろそろ帰りましょう。上野の〆にお刺身に軽い巻物、おすすめです。この日は取材でお伺いしましたが、その後プライベートで高頻度で通っています。便利なんですもん。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/サッポロビール株式会社)

英鮨 上野店
03-3831-4082
東京都台東区上野2-3-9 カンカンビル1F
11:00~30:00(基本無休)
予算2,500円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«