大島「100市楽酒」 生レモン氷彩サワーが100円!昼酒メインのたち寄り処


DSC05948

「なゆさん、大島に新しい立ち飲みができたけどもう飲みに行った?」

江東区・墨田区を管轄している飲兵衛友達から「早く飲みに行くべき」という話を聞き、さっそく飲みに行くことにしました。都営新宿線の大島駅から徒歩5分。この界隈は人気昼酒立ち飲みや激安ラーメン店、魚屋の店裏で刺身つまみに飲む魚角打ちなど個性的なお店が多いのですが、さらに一軒、不思議なお店が登場しました。

その名は「100市楽酒」。駅からちょっと離れていますが、この界隈は駅前の酒場というよりは、街の中に赤ちょうちんが点在している地域で、鉄道駅の集客に飲食店があまり依存していないおもしろい文化があります。

まだオープンして間もないこともあり、できたてホヤホヤな店構え。居酒屋の暖簾とA看板が目印です。

 

DSC05950

店内は奥に長く、壁沿いにカウンターと、P箱を組み立てた立ち飲みテーブルが数卓というつくり。

 

DSC05949

料理やお酒は入って奥にある厨房との敷居となるカウンターでお店の方にオーダーするカフェテリア方式。お箸やおてふきなどもここにあるので、料理と一緒に持参してうまく使いましょう。

 

DSC05965

お店のコンセプトはセルフサービスだけど内容は本格派、焼き鳥と100円サワーを楽しむ立ち飲みです。立ち飲みで激安だから接客は二の次なんていうお店がたまにありますが、ここはお店の方もにこやかに丁寧な接客をされているので、お店の方との会話や距離感を大切にされる方にもおすすめ。

 

DSC05957

こちらが黒板メニュー。焼き鳥はいつもある定番ですが、ほかは日替わりになるみたい。やきとりも部位を色々出して食べ比べなどもいずれやりたいとのこと。開店まもないこともあり、このあたりのメニューは試行錯誤中といったところ。

 

DSC05964

100市楽酒という店名の通り、フードもドリンクも100円単位です。ドリンクに100円があるのは驚きます。お通しやチャージはありませんので、千円札一枚で5品・5杯も飲めるなんてすごい。

 

DSC05956

まずは樽生(麦とホップ)とホタルイカの酢みそで乾杯!生ビールではなく、珍しい樽生の麦とホップです。立ち飲みでキャッシュオン、家飲み価格ですが、やっぱりお店の方とお話しながら飲む外飲みはもっとおいしくなります。

 

DSC05963

ドリンクは麦ホが200円と一番高級!ハイボールやサワーはなんと100円という安さ。しかも生レモンサワーも同じ価格です。リーズナブルに飲めるお店が多いこの界隈でも一際の値段設定です。

 

DSC05959

グラスは300mlタンブラーですが、100円でこれだけ入っていれば全然OKでしょう。1/8カットのレモンがしっかり入って100円って、ご商売が大丈夫か不安になってきます。これはいっぱい飲んで応援しなくては。

樽詰めのチュウハイ「氷彩サワー」です。ホワイトブランデーをベースにしたほんのり果実感のあるチュウハイにカットレモンを入れてグイグイ飲むのはとっても美味しい。

 

DSC05967

焼鳥、おまちどうさま。サワーと焼鳥の組み合わせは鉄板ですね!ご主人が修行した大将のタレづくりを引き継いだという新しいお店だけどもタレに対してのこだわりはしっかりとあるお店の看板料理です。炭火で丁寧に焼き上げていて、中はふっくらとしたまま。いまは基本のももだけですが、今後は様々な部位が登場するかも?

 

DSC05968

鮭焼きは派手さはないけれど、昔からの酒場では結構見かける定番メニュー。厚みはないけれど、旅先で食べる旅館の朝ごはんを思い出します。塩気でビール・チュウハイを進めます。

 

DSC05962

メンチコロッケにソースをかけて。惣菜コーナーでプシュッてやっている気分。100円玉で交換しながらあれこれとちびちび飲んでいく感覚はまさに大人の駄菓子屋です。

 

DSC05952

なんとこのお店、営業のメインは夜ではなく昼酒なんです。営業は11時から20時。よその居酒屋がピークを迎えるとき、100市楽酒は看板の時間がやってきます。界隈は集合住宅が多く、お昼から飲みたい人が多いのはしっていますが、まさかこんなに閉店時間が早いなんて。

近くに人気立ち飲みがありますが、ここで新たにハシゴする宛ができて嬉しい限り。これからますます大島は昼酒の街として賑わっていきそうです。

ごちそうさま。

 

 

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

 

100市楽酒

東京都江東区大島8-4-2
▶営業時間が変更になりました。15:00~21:30 原則火曜日が休み
予算1,200円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«