河原町「三木半」 普段使いに最適な京都の味楽しむ名酒場


DSC05039

京都で40年続く、といってもこの街は老舗だらけなのでまだ若い方なのですが、とても素晴らしい酒場が四条河原町にあります。京都に来たら割烹でぐじやもろこ、和食処でおばんざいというのは皆さんのイメージだと思いますが、京都らしい食事を普通の居酒屋で楽しみたいと思いませんか。そんなときに「三木半」がおすすめです。

場所は阪急電車の河原町駅近く、新京極から四条通よりあがったところにあります。周辺は京都でもっとも賑わうエリアで観光客が多いですが、こちらは地元の方がほとんどの密着酒場です。中を覗くことができるガラス張りの明るい外観、中は地元のお父さんたちが楽しそうにL字カウンターに並んでいます。

 

DSC05054

一番混む時間は満席なことも多いので確実を狙うなら要予約です。といっても周辺にも飲食店は多いので、もしも入れなかったら他のお店で軽く飲んでから時間をずらしてくるのもよいかと。

ビールはサッポロ。なんと赤星も置いています。赤星のポスター、初めて見るデザインですが関西限定かな。

 

DSC05048

黒ラベルからはじめましょう。嬉しい500ジョッキ。老舗の証、古いジョッキが現役です。状態のいい生ビールは本当に美味しいな。

 

DSC05058

さて、フードを見ていきましょう。おつまみは300円から700円がほとんど。甘鯛、京都ではぐじと呼ばれていますが、やはりメニュー構成は京都風。お造りの種類も豊富で、お客さんが多いことで食材がよく回転していることもわかりますね!

 

DSC05052

盛り付けがとてもきれい。小鉢類が300円でてっぱいなど地元の味が楽しめるのはとてもうれしい。

 

DSC05060

きずし(650円)はこんなに立派。〆具合が絶妙で、鯖のうまみやジューシーさをしっかり保ちつつ、くどくない程度の酢がきいています。生姜を軽く添えて醤油をつけずに食べるとより美味。ビールが進みます、もう一杯!

 

DSC05053

自家製を主張しているポテトサラダは卵入り。ねっとりとした味がたまりません。海鮮が中心の居酒屋ですが、だからこそ間に挟むポテサラが好き。

 

DSC05056

瓶ビールの赤星を一本もらい、海老餃子で飲み進めます。和牛串かつから大根の天ぷらなどの変り系まで揚げ物もバランス良くあり、いい感じにお造りだけでなく幅広いおつまみが楽しめるのが三木半の最大の魅力かも。京都に来たらこれ食べて、というお店は数ありますが、地元の人が普段使いしている酒場でいつもの感覚で飲むのも楽しいものです。料理の種類がとにかく多くて、大将のやる気がとっても感じられる名酒場。

飲み歩きの際にぜひコースに入れられることをおすすめします。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

三木半
075-255-3358
京都府京都市中京区新京極四条上る中之町574
16:30~23:00(月定休)
予算2,400円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«