新橋「破天荒」 大島の名物立ち飲みがやってきた!超必見店登場


DSC03752

新橋駅はその昔は巨大な闇市でした。そのあとを東京都主導で再開発をおこなったのが駅の両側にある複合ビル。元祖まちづくり再開発と言われる建物で、一足先に完成した新橋駅前ビルはなんと1966年竣工。祝、50周年!1966年といえばビートルズが来日した年ですから、その歴史の長さはおわかりいただけるのではないでしょうか。

そんなこんなの歴史的背景もあって、新橋駅前ビルとニュー新橋ビルの地階はまるで横丁のような光景が広がっています。もともと闇市だったのだから当然といえば当然ですが、いまやこんな飲食店街、作ろうと思ってもつくれない。ここにはまだ50年前の文化が残っているんです。

そんなニュー新橋ビル(略してニュー新)に、江東区大島の名物立ち飲み店が進出しました。刺身は自分で釣ってきたものを出す、だからとびきり安い。料理もみんな美味しくて安いがあたりまえ。早い時間から地元の人で賑わう繁盛店「番外地」です。その大将と女将さんがついに新橋デビュー。こちらの店名は「破天荒」。現在は番外地は大将が、そして新橋「破天荒」は女将さんが切り盛りされています。

 

DSC03773

特長は同じ、大島のお店がそのままニュー新に引っ越してきたような感じです。ではさっそくその様子をご紹介しましょう。番外地がここではじめてまだ日は浅いのですが、その噂を聞きつけた大島の常連で賑わっています。偶然通りかかったお客さんも入り始めて、新橋という街に少しずつ溶け込んできているように思います。

 

DSC03753

カウンターに大皿が並び、ドリンクはオーダーコーナーにいって注文しその場で受け取る仕組みも同じ。新しいお店なのでキレイで落ち着いた雰囲気。

 

DSC03755

おつまみは大皿のほかに日替わりがホワイトボードに書かれています。ほとんどの料理が300円均一とリーズナブル。クリームシチューなんていいですね、ときどき食べたくなりません?

 

DSC03757

ドリンクはビールもハイボールも酎ハイも300円均一。素晴らしい!まずは一杯目、ビールから。こちらはサントリーモルツを置いています。それでは乾杯!

 

DSC03756

破天荒のルール。商品はキャッシュオン、ドリンクは別にカウンターで買ってね、片付けは自分でやってね、とのこと。明朗会計できっちり。小銭皿を貸してくれるので、そこに今日の軍資金をいれておけば、予算オーバーを気にせず楽しめます。

 

DSC03766

ドリンクのおすすめはチューハイ。炭酸がとても強くてパチパチとした刺激がたまりません。生レモンはご自由にどうぞとなっているので、ぎっゅと絞って入れればお手頃レモンサワー。

 

DSC03764

大将や女将さんの手作り料理が並ぶカウンター。眺めているとみんな食べたくなっちゃう。腕自慢の大将の料理はたしかに美味しい。定番メニューがなくその日の仕入れや気分次第で品書きが変わっていきます。料理が好きなんでしょうね!

 

DSC03759

これが名物の刺身盛り合わせ。大将自ら朝釣ってくるという自慢の刺身。釣りアジや釣りいしもちをその日に〆た活魚。釣れたものによって内容が変わるのもおもしろい。作りおきなし、しかもこのボリュームでなんと500円。新橋のお刺身最安値更新です。

釣ってこないと原価割れするから、と笑いながら話す大将。そのサービス精神、素敵です。もちろん新鮮で美味しい。お通しがないので、これとドリンク2杯飲んで1,100円(税込)完結と驚くほどリーズナブル。こんなお店、シンバシに欲しかったです!

 

DSC03761

買ってきたものだと原価があわない、できるだけ店で用意するからできるんだ。と番外地時代に伺っていますが、それは破天荒でも同じ。かます西京焼きはお店でつけたもの。ねっとりとした旨味がお酒との相性抜群。注文してからサラマンダーで加熱してくれます。二尾で300円、うん、素晴らしい。

 

DSC03769

揚げ物ももちろんオーダーしてから揚げます。カキフライや分厚いハムカツは食べごたえ十分。お酒をがぶがぶと飲まなければ、フード中心なら一人二千円の壁は越えられないかも。お腹いっぱいになってしまいます。

 

DSC03767

オープンな店なので店前を通りゆく人たちを眺めながら飲むことができます。観光地的でもあるここニュー新橋ビルの地階。どこのお店に行こうかさまよっている人を眺めつつ飲むお酒は結構美味しい(笑)

 

DSC03771

常連さんと乾杯!さすが、みんな酎ハイですね。明朗会計でリーズナブル、新鮮な魚と家庭的だけどとても味付けが上手な大皿料理たち。このお店、これからニュー新橋ビルの看板店舗になること間違いなし。

他にも立ち飲み店は山ほどある新橋ですが、梯子ルートの一軒にここを入れておいて損はありません。女将さんのチャーもングな笑顔もあって、とても居心地がいいです。皆さま、ぜひ覗いてみてください。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

破天荒
03-3591-1883
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1-43
16:00~23:00(土日祝定休)※いずれ土曜日営業を始める予定とのこと。
予算1,400円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«