浅草「宮戸川」 浅草寺西参道にある天ぷらたのしむ酒場


DSC02841

浅草にも素敵な酒場がたくさんあります。煮込み横丁はもちろん浅草駅前にも老舗の酒場が多い。酒屋の片隅で飲む角打ちが楽しめるお店も3軒ほどあり、早い時間から飲みまわるのも楽しいです。

とはいえ、なかなか落ち着いて飲むとなるとどこに行こうか迷ってしまうことも。そんなときに例えばこちらはいかがでしょう。浅草寺の境内すぐの西参道にある間口の小さなお店「宮戸川」です。なんと土日祝は正午から続けて夜まで営業しています。早い時間から飲みたいけれど、ちゃんと落ち着いて飲みたいなというときにおすすめです。江戸料理と江戸の酒がお題のお店で、看板料理は串天ぷらです。

入り口は小さいですが二階に14席あってゆったり飲むことができます。

 

DSC02858

こちらがドリンクメニュー。日本酒に赤羽のお酒丸眞正宗を置いています。八丈島の一本釣りなど東京都のお酒が揃っているのはおもしろい。場所柄ホッピーや電氣ブランもおいています。

 

DSC02857

桑乃都や金婚、おお浅草無双も置いています。

 

DSC02843

どのお酒も美味しそうですが、まずはビールから。サッポロ黒ラベルですね!浅草で!

 

DSC02844

きめの細かい泡が表面を生クリームのように覆っています。美味しそう、では黒ラベルの中ジョッキで乾杯!

 

DSC02850

お通し(300円)はにこごりやサーモンを和えたもの。盛り付けが居酒屋というより料理屋ですね!

 

DSC02856

さぁ、何を頼みましょう。天ぷらは一種類ずつ選べます。飛龍頭や雲丹田楽も気になりますね!お酒は酒場よりやや上の価格設定ですが、おつまみはとてもリーズナブル。浅草のこの場所で席によっては個室で飲めるのですから価値は十分ではないかと。

 

DSC02859

お刺身一人前がこちら。ソイや脂の乗ったマグロなど、身も厚くて美味しい。

 

DSC02853

店名のついた宮戸川サラダ(650円)は、この通り海鮮がもりもりです。和ドレシングとマヨネーズの味付けで食べる和風カルパッチョという感じ。下町酒場の海鮮サラダはやっぱりこれですね!それにしてもボリュームがスゴイ。

 

DSC02852

あわせるお酒は日本酒もいいけれどここはハイボールかな。最近みかける機会が多いスコッチのデュワーズです。

 

DSC02864

本日の焼魚、この日はカジキマグロの照り焼き。甘からの味付けですが比較的すっきりとした味わい。

 

DSC02863

そして待っていました、天ぷら串三天盛り。海老、茄子、葱、そして珍しいきゅうりの天ぷらがおまけで登場。あっさりとした味付けの天つゆのほか、抹茶塩と海老塩の3種の味を楽しめます。ぱりっとした衣で海老も大きく美味。

 

DSC02852

ハイボールは最近みかける機会が多いスコッチのデュワーズです。

 

DSC02849

浅草に飲みに来たら食堂や煮込みのお店が色々ありますが、やはり江戸の情緒を楽しむ街ということで、こういう居酒屋で江戸らしい料理を楽しむのもいいものです。

遠方から飲みに来て、浅草らしい居酒屋を探す的にはここをおすすめしたいと思います。明るい時間にちょっと天ぷらと日本酒を飲んでいくというのもいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)

宮戸川
03-3841-9362
東京都台東区浅草2-7-13 西参道商店街
15:00~24:00(土日祝は12時から営業・水定休)
予算3,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«