神田「清龍神田店」 12/3リニューアルオープン!広々キレイで居心地いい


DSC01366

清龍といえば本サイトの読者にはお馴染みの酒場チェーン。埼玉県蓮田の清龍酒造が経営する居酒屋清龍は、東京の都心部で10店舗を展開しています。筆者の私も各店舗には大変通っていまして、いまでも取材などは関係なく、何か飲み会があるときには高い頻度で清龍を利用しています。

池袋が本店で歌舞伎町や吉祥寺など利用しやすい場所にあるのですが、立地だけではなくてお店の雰囲気や料理がいわゆる総合居酒屋チェーン的ではなく、どこか街の酒場の暖かさが感じられるところが魅力です。

さて、そんな清龍の神田店がこの秋リニューアルすることとなり、そのリニューアル後のオープンが本日12/3になりました。オープンしたらすぐに飲みに行こう…なんて思っていたら、なんとレセプションを取材させていただけることになりました。いやいや、好きこそものの上手なれではないですが、一般人として誰よりも早く飲ませていただく機会をいただけるなんて!一般人…なのかな(笑)

 

DSC01410

では早速…一階はカウンターとボツクス席が並び落ち着いて飲める雰囲気に変わりました。みどりのテーブルだったころと比べるととっても今風。最近は清龍も若い女性グループの姿も多いですし、こういう雰囲気は良さそう。昔からのお父さんたちが喜んでくれそうなカウンターは健在です。

二階・三階は個室風になっていてよりのんびりと飲める雰囲気。清龍ってお酒が180円からでおつまみも300円台が中心と元祖お財布に優しい酒場なのにこんなに雰囲気は立派になるなんて。ちゃんと値段がそのままなのもいいですね。

 

DSC01408

地階も大幅にかわって落ち着いた掘りごたつ席になっています。グループ利用でわいわい飲むのにぴったり。お世辞じゃなくて本当に、立ち飲み好きですがこういう空間で飲みたいときももちろんありますし。30人くらいで宴会すれば地階は貸しきれそう。

 

DSC01375

レセプションにいらしていた清龍酒造の岩崎清氏(左)と清龍酒蔵の岩崎 尚氏(中央)。いつもいつも利用させていただき日々お財布に優しく飲ませていただいております。

 

DSC01377

それでは日本酒をいただきましょう。冷マス・燗マスと常連さんの間で親しまれている140mlの普通酒(190円)はここにきたたら必ず頼む一杯ですが、今日はリッチにきき酒セット(780円)をいただきましょう。

全部で2合くらいになるこのセット。普通はこれだけで酔っ払ってしまうかも?原酒から大吟醸まで日本酒の縦方向飲み比べはなかなか楽しい。

 

DSC01386

そして清龍の一杯目といえばやはりこれ、生ビール。昔からサッポロビールです。435mlたっぷりはいるワイドジョッキで400円は都心部の落ち着いて飲める店としては最高にお得感があります。

そしていつも思うのですが生ビールのクオリティが常に高い。ビール好きを連れて来ても安心して勧められるキレッキレの黒ラベルです。

 

DSC01383

それではいただきましょう、乾杯!
冷え方、ガス圧ともに完璧です。泡が少ないのはサービスかしら(笑)

 

DSC01396

美味しい黒ラベルのお店ですが今日は若い恵比寿さまもレセプションということで駆けつけていました。サッポロビール株式会社埼玉統括支社の高久 勝典氏。今日はレセプションということで盛り上げ役としてまさかのコスプレ!どうもどうも、乾杯です。

 

DSC01389

日本酒や清龍のオリジナルリキュールや黒ラベルを飲むお店ですが、おつまみもしっかりしています。特に日替わりのお刺身はオススメ。この日はレセプションということで刺盛り。

 

DSC01398

清龍のおつまみは結構不思議な創作料理があり、それが結構美味しい。シーズンで変わるだけでなくて、各店の料理長が考えた「お試しメニュー」なんていう差しこみメニューもあり、頻繁に通っていても飽きません。

 

DSC01382

ビールに日本酒に、あれこれのんでワイワイといい気分。数人でラフな感じで「どっか飲みに行く?」みたいなシチュエーションのときに清龍は強い。ハコが大きいので入りやすいですしお財布の具合もあまり気にしないで飲みにいける。一人二千円もだせばそこそこ満足。三千円つかったらどんだけ贅沢したの?みたいな感じ。

立ち飲みでもなく、凝ったコンセプト系でもなく、ふらりと立ち寄って後悔しない、というのが清龍のよいところ。

 

DSC01409

清龍各店の常連さんとも顔なじみですし、従業員さんとも仲良くさせていただいている清龍。皆さまも新しくなった神田店を覗いてみてはいかがでしょう。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ 取材協力/サッポロビール株式会社)

清龍酒蔵 神田店
03-3254-5725
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
16:30~23:30(日祝定休)
予算2,000円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«