サッポロ「麦とホップ コクの極み」 幻のCP商品が数量限定で市販開始


DSC01176

サッポロビールより発売される新ジャンル「サッポロ 麦とホップ The gold コクの極み」が11月25日(水)数量限定で全国で発売開始されます。

もともとこの新ジャンルは夏のマイレージキャンペーン景品として登場したもので大変人気になった商品です。そのときのユーザーの声で、この新ジャンルを販売してほしいという意見が多いことから、ユーザーの意見によって商品化されたものだそうです。

そもそも、サッポロ黒ラベルも登場当初は「サッポロびん生」という商品名だったのがユーザーが「黒ラベル」と呼んだのがきっかけで現在の名前になっていたりと、ファンとともに歩む姿勢の強いサッポロビール。今回の商品もそんなサッポロとファンの距離感が近いからこそ出来た商品なのだと思います。

発売日よりも一足お先に試飲させて頂くことができましたのでレビューしていきます。

 

まず注いだ時の泡立ち。さすが麦とホップ(以下麦ホ)系は新ジャンルらしからぬ本格的なビールのようなきめ細やかな泡ができます。ビールの色合いは麦ホの定番よりも濃い目です。

“麦ホブランド原麦汁エキス濃度の比較において、最高のコクを実現”とのことで、確かに麦ホをしっかりコク・飲みごたえを高めたような味わいです。ボディー感という言葉がぴったり。深みがあるので料理の前に飲むのにちょうど良さそう。

 

DSC01178

味の個性が強いので食中にはやはり麦ホのほうが合うかもしれませんが、食前やビールの味をしっかりと楽しみたいときにオススメです。紫色の缶デザインということもあり、この冬飲みたい個性派ビール(新ジャンル)ではないでしょうか。

家飲みではビールではなく新ジャンルを選ぶという方、一缶味見されてみては?濃い味がまるでビールみたいな麦ホです。

ごちそうさま。

 

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンからの投票を1日一回いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

(取材・文・撮影/塩見 なゆ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こちらの記事もどうぞ



«