神田「大衆割烹 宿場」 ナイスミドルが愛用する落ち着きの酒場


DSC01988 (2).jpg

こんにちは。

東京の3大サラリーマン飲み屋街といえば、新橋、新宿、そして神田です。
どの街も隅々まで飲み歩いていますが、神田の銘店率はずばぬけて高い。

神田付近にお勤めの皆さま、恵まれていらっしやいます!
ご自慢されてもいいくらい。

お魚系の居酒屋では三州屋や大越が人気ですが、もうひとつ、そっと隠しておきたい銘店がああります。
ロマンスグレーのヘアスタイルから大人の魅力が漂う紳士が静かに杯を交わすお店「宿場」です。 

DSC01989 (2).jpg

店内はL字カウンター 7席、小上がりとテーブル席の30席くらいの空間。二階には宴会部屋があります。
客層は50台が多く、昼間は企業の中枢で経済を動かしていそうな人ばかり。

丁寧な接客、気配り上手の女将さん、熱心に良い料理を安く出そうとがんばっている大将がお店の雰囲気をつくっています。

ビールはサッポロラガー。古典的な大衆割烹には赤い星がよく似合います。
お酒は沢の鶴など3種、焼酎は鹿児島の海童、大分の吉四六、二階堂などが揃い、ナイスミドルはボトルで入れてお湯割りが基本のよう。

 DSC01990 (2).jpg

活け平目にタコが今日のおすすめです。

3点盛りでも1000円前後になるなどお財布にやさしいのですが、魚のレベルはさすがとうならせるものがあります。
神田の魚の質は本当にすばらしいです。お客さんの舌が肥えているから、飲食店も手抜きができない、それで質が維持されているように思います。

もちもちしていて、旨味がしっかり、実によいです。沢の鶴をぬる燗でひとつ。二合徳利(560円)をおちょこに傾けてすっと飲めばそこは神田というよりは港町の酒場のような錯覚になります。

DSC02833.jpg 

黒板の中にあら煮があれば頼んで間違いなし。
甘辛く煮こまれた江戸風の味付けが落ち着きます。 

この日はブリでした。臭味のない丁寧な仕事が感じられます。

品書きには三州屋の名物料理鳥豆腐があるなど、雰囲気は三州屋に似ています。
ですが、あちらよりも空間全体がゆったりとしていて、落ち着いて飲むのならこちらを選びたいというお客さんも多いと思います。

神田で大衆割烹、ぜひ楽しんでください。女性一人でも安心です。背伸びをせずに普段からひとつ上の世代の時間を味わえます。

ごちそうさま。


大衆割烹 宿場
東京都千代田区神田多町2-1-9
03-3256-9549
平日17:00~22:30(L.O.22:00)
予算2500円

近くで魚系居酒屋を他に探すなら
神田「みますや」 明治38年創業 
神田「大越」 上司と一緒に乾杯を

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ←クリックしてランキング応援をお願いします。  



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«