豊肥本線"熊本-阿蘇"「特急あそぼーい!」 列車の旅は楽しい


DSC01842.jpg

こんにちは。

深い歴史と壮大な自然が調和する魅力的な九州へ、お酒を求めてカンパイの旅。
大人の旅にふさわしい空間につかり、心も体もリフレッシュします。

さぁ、鉄道に乗ってゆとりある旅をはじめましょう。  

DSC01833.jpg

阿蘇くまもと空港から阿蘇へはJR豊肥本線で約1時間の旅です。
観光特急「あそぼーい!」号が2往復、週末や学校の長期休みの期間に走っていますが、この列車がとても素敵なコンセプト。

車内に子供の遊び場「くろクラブ」や図書館があり、小さなお子さんが喜ぶことまちがいなし♪
木のボールが入ったプールや童話の図書館など、楽しい工夫がたくさん。
お子さんと一緒に座れる「白いくろちゃんシート」と呼ばれるJRで唯一の親子シートがあります。親子の旅が盛り上がります。

さて、お子さんが喜ぶ工夫があるのなら、お父さん・お母さん、そして一人旅の大人も楽しめる空間も当然あります。

DSC01815.jpg 

なんと車内にカフェがあります。
昔、新幹線にも食堂車が連結されていましたが、いまはほとんど見かけないビッフェ。

列車で飲み物や軽食を食べるのってワクワクしますよね!
駅弁もいいですが、車内で買って食べるのは格別です。

DSC01848.jpg

はい、お察しの通り(笑

ここでお酒が登場です。
スーパードライは270円と車内ではなかなかの良心価格です。コーヒー250円もありますが、このブログの読者様はどちらを選ぶのかしら?

カメラを片手にビールを飲みながら過ごす鉄道旅。こういう時間って好きなんですよね。非日常を味わいます。

DSC01819.jpg

そして、そんなお父さん・お母さんが飲んでいるビールをうらやましく思う私みたいなお子さん用に、"こどもびいる"(280円)なんていうソフトドリンクが用意されています。

大人は「プリン」をぜひ試してください。車内で販売されている人気商品「おとなプリン」(320円)は、なぜ大人かというとラム酒がたっぷり入っているから。

サトウキビを感じるラムの香りがしっかりきいています。
私、実は辛党なんです。(なにをいまさら…苦笑)
そんな私も、このプリンはとっても美味しく感じます。スーパードライとあわせても全然違和感ありません。

前面展望ができるパノラマシートやカフェ付近のフリーシートなど、車内を楽しむ要素がいっぱいのあそぼーい!。
鉄道は単なる移動手段ではなく、旅を楽しく演出してくれる乗り物なんですよね。

途中、じぐざぐに走りながら山を登っていくスイッチバックなど関東では箱根登山電車でしか味わえない不思議な体験をして、気づいたら阿蘇駅。

DSC01837.jpg

旅は鉄道、鉄道の旅にお酒は好相性。
ごちそうさま。


列車に関する情報はこちら
JR九州公式サイト あそぼーい!紹介
きっぷは全国のみどりの窓口・主な旅行代理店へ

撮影協力:九州旅客鉄道株式会社

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ←クリックしてランキング応援をお願いします。  



コメントは受け付けていません。


こちらの記事もどうぞ



«